タイランドと猫とわたし

すごいぞ語録

'u'uku
1. tiny, very small [とっても小さいもの、些細なもの]
= = = = =
 あぁ、ものすごく下らないけど、ものすごくヒットしてしまいました。「はてなダイアリー」の、押○学語録 --> http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B2%A1%C8%F8%B3%D8 (<-- リンクの張り方が分からない・・・)

 この人、すごいですね。ヒットしたもの、挙げてみます。

「ジミヘンのようにギターを燃やすような真似はしない。今の俺は、既に炎に包まれている」
「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」

・・・ま、この辺りはよしとして・・・

「俺は尾崎豊を超えていると思う。歴史を作る。」
「オアシスなんて、日本でいえばB’zみたいなもん」

 尾崎豊には「と思う」と、なんだか控えめ。彼、尾崎崇拝者の1人なんでしょう。盗んだバイクで走り出したくなったり、夜中にガラス窓をぶち割ったりしたくなったクチなのでしょう(そういえば押○さんは15歳でブラジルに行ったようです。だからどうだ、ということはないですが)。尾崎にしても、オアシスにしても、はてはB'zにしても、出てくるアーティストが、結構「俗」なもので、この人も、普通の人なのね、と思ったり。

 そして、極めつけが・・・

「虎舞竜なら13章かかるところも、俺なら2小節だから」

 こ、これは・・・・・・・・・・。

 わたし、この「押○学」という人のことをよく知らないのですが、なかなか、愉快な人だということが分かりましたー。きっと良い人ですよ、この人。

 このネタは、Kちゃん、きっと好きだと思うのです。

(虎舞竜、日本を発つ前に『徹子の部屋』か何かで見ましたが、とっても穏やかな、物腰の柔らかい、人でした。ゆっくり13章かかりそうな人でした。)
[PR]
<< 公費でハワイイ 沖縄んナイト@Sunrise >>