タイランドと猫とわたし

Water chestnutって?

ma'i
1. sick [病気]
※ハワイイ語で言うところの"sick"は、"health"と同義のようにとらえられるとか。それで、病院のことを、hale ma'i house of sick と言ったり、hale ho'ōla house of healingと言ったりするみたいです。

= = = = =
 昨日の晩、遅く、救急病院にかけこみました(搬送されました)。

 土曜日のパーティーで食べたものの何かに私の体がアレルギーを示したのです。パーティーの最中から体中が痒かったけど、「蚊が多いなー」と思っていました。でも、パーティーが終わって、さて帰ろうというとき、体中があまりにも真っ赤に腫れあがっていて、「あ、アレルギー出たー」と気が付く。その日の晩、体中が痒くて、膨れあがって、発狂。「ほろせ」です。

 日曜は、おかしいものの、でも引いていたので、なんとなく、放置。すると、夕方から、またひどくなる。晩、顔も何もかも赤くなって、形がおかしくなって、私の体を見た寮の子は「●▽%◆○#〜〜!!」と叫ぶし、自分も痒すぎて発狂するし、ついに、夜間の救急病棟のある、ホノルル市内のStraub hospitalへ。「救急車かっ?!」と思いましたが、土曜のパーティーの主催者Jycが車を出してくれました。Mahalo! Jyc!

 発狂しすぎて、病院についたころには、なんだか楽しくなってくる。訳がわからないわけで。私のほろせ(英語では"hives"というそうです。こんな単語覚えてしまいましたよ)を見て、「ぎょへー」と医師。それすら、楽しい。

 私、山芋・里芋アレルギーです。そのときになったのと同じ症状でした。でも、そんな芋、食べてない。しかし、医師は、その「芋とやらはなんだ」と訪ねる。「こう、泥の中で育つ芋でね、白くって、ちょっとスライミーで、ねばってしてて、糸ひく感じで・・・」あの手この手で説明するも、山芋・里芋については、彼にはにうまく伝わらず・・・(おそらく、英語ではpotato[芋]扱いではないのでしょう&何より、彼は見たことも食べたこともないでしょう)。

 おろおろと心配してくれているJycは、日系の方で、ちょっと知っているかも・・・んー・・・という感じでした。で、「あ」とひらめいた。「Water chestnutじゃない?私、たくさん入れたもの」と。

 私、マレーシアでも、water chestnutはよく食べたと思うんです。好きだし。でも、ここに来てアレルギーが出たのかも。弱っていたのも、相まって。

 しかし、water chestnutの調理前の姿、瓶詰めにされる前の姿は、実はよく知らない。日本語で何て言うのでしょう?どんな奴らなのでしょう?山芋・里芋に通じるところがあるでしょうか?ご存知の方がいたら、教えてください。

 今は、ステロイド剤を飲みながら自宅療養中です。

 というのは、建前。クラスにも行ったし、課題に追われて、今晩も半徹夜ですー。脳は使わないとどうしようもない。その代わり、頼んだぞ、私の体。がんばって、water chestnutと戦ってくれたまえっ!
[PR]
<< 病は気から 3月の終わり >>