タイランドと猫とわたし

Bangkok Post Mini Marathon 2011 じゃったん…

 前の記事に書いたとおり、Bangkok Poast Mini Marathon 2011をしようかどうしようか、うじうじしよったん。でも、前日にちらっと流してみて、そしたらぐんぐん走れて。うちすごいじゃんか!と調子づいて、前日はきちんと9時ぐらいにはベッドに入って準備もばっちり。よしよし。

 一緒に走ろうかって言っとったJnから、「今日しんどいけ、明日やめとくー」というtextがくる。「ゆっくり休みんちゃにょー」と元気づける返事をしてみたりなんかもする。

 調子はばっちり。

= = =
 当日。同居人もちょうど早起きとのことで、二人で協力しあって、ちゃんと5時には起きる。事前にエナジーバーを豆乳で咀嚼して、栄養補給もばっちり。ストレッチも庭で丹念に。10k、行くぞ!!!同居人にも、「賞金ぶらさげて帰ってこいっ」と喝を入れられる。

 と家を出たのは、十分時間があったころ。

 スタート地点、Central Chitlomに到着。あれれ、交通規制もなにもしとらんのんじゃね。あと15分で始まるよ?っておいうか、誰もランナーらしき人がおらんのんじゃけど?あれれれれ?ガードさんに聞いたりしても、ちんぷんかんぷん。あれれれれれれ?裏口かな?駐車場から?そんなのおかしくない????

 と、時間はどんどん過ぎていき、気がつけばスタート時間の6時を経過。





 お!!!走りよるじゃんかっ!!!

 目の前のスクンビット通りを疾走するランナーたち。数名に声をかけてみるも、誰も返事をせず(そりゃほーよね、うちでもいやじゃ)。。。やっと、のんびりらくらくランナーたちのエリアに出会ったとき、返事がかえってきました。

 スタート地点?Central Worldよ。

 がーん、がーん。Central違いじゃんかーーー。

 「一緒に走ろ。いいよ、いいよーぉ」
 「でも、登録料払ってないよー」
 「そんなん、いいよ、いいよーぉ」
 「ゼッケンももらってないし」
 「いいってばーぁ」

 タイ人ランナーたちのほんわか、だらだらなウェルカムを受けるも、でも、わたしはタオルとか携帯電話とかちょこちょこ入れとる肩掛けバッグを持っとったん。こんなん持って、10kなんか走れるかっ!

 ということで、5k走ったのでした。

 ちゃんちゃん。

 スタートがすでにおそろしく遅かったので、交通規制がされていなかったりして、うーん、モーターサイと競争になる(譲れよバイク!)。割り込もうとするタクシーとせめぎあう(待てよ車!)。車道が走れんけー、歩道を走る。でも、歩道には、ご存知のとおり、バンコクならではの、でこぼこコンクリートはもちろん、そこの意外なスポットから吹き出す汚水だまりとか、信じられないほどぶら下がっていて危険すぎる電線とか、様々な匂いを放つクイッティヤオ屋台とか、ぜったい動かんバス停おじーちゃんとか、いろんなものが歩道にはある(おる)。そこを、くねくねはらはらしながら、走る。どんなランよ、これ。

 と、つっこんどる間に、10kのトップランナーたちにひらりと抜かされ(当たり前)、ぼちぼちとゴールを目指す。

 ゴール地点が見えて、ゴールラインが見えて。あー、そこにはゴールの瞬間をカメラに撮ってそれを売る人とか、そういう人もおって、それからもちろん、ゴール確認の人数数える人とか、ゼッケンにチェックする人とか、おる。

 いけん、こりゃ、いけんわ。

 直前でひらりと脇にそれて、自分感覚で何となくゴールして、終了。

 2009年のBangkok Marathonのときも、うち、えらいことをしたん。また、やってしもーたわー。

 でも、走ったもんねー。そして、かばんを持って走ることは、ものすっごいしんどいことが分かったもんねー。もうせんもんねー(ほんまか?)。

 Lesson learned :)
[PR]
<< 水たっぷりたぷたぷBangkok 疲れの限界 >>