タイランドと猫とわたし

お買い物ぶくろ

'eke
1. bag [かばん、袋]

= = = = =
 ずいぶん前だけど、ふと思い出したこと。

 その日、どうしても化粧水を買わないといけなくて、閉店ぎりぎりにドラッグ・ストアに入りました。近所の店舗に行ったので、いたって身軽にプチかばんに車のかぎとポイントカードだけ放り込んで。

 選んでいる間に、閉店の音楽が流れ、もたもたしているうちに、わたしは最後の客に。レジでは、店員さんが「あーよかった。やっと来たぜ」って感じで手早くレジを打つ。

 ビニールに入れようとした店員さんに、「袋はいいですー」と言うと、そこから、店員はちょっとおもしろい動きをしました。

 1 わたしのかばんのホックをはずし、開けた!
 2 商品をかばんに投入した!!
 3 かばんのホックを閉じた!!!

 笑顔で彼(若い男の人だった)は、もたつく客(わたし)を見送りました。いい笑顔でした。彼がいい笑顔だったので、すぐには気が付かなかったけど、これって不思議じゃないですか?店員って、客のかばんわざわざ開けて、入れて、さらに閉めるっけ???

 と言いながらも、わたしは、ぜーんぜん腹なんて立てなくて、逆に家に帰って母と笑いました。おもしろーい。今では、今度もまた、彼のその動きが見たい、とまで思う始末。

 思えば・・・

 ハワイイでよくお世話になっていた、SAFEWAYというスーパーマーケットでは、わたしはよくお店の人に荷物を入れてもらっていました。理由はやはり、わたしがもたついていたから。トートバッグならもちろん、バックパックの時も、わたしの背中からそれを奪ってまで、店員さんは荷物を詰めてくれました。

 「あー、なんでパンを先に入れるかなー・・・」

 とか思いながらも、その親切をありがたく思っていたものです。ハワイイだと、こういう動きは、いたって普通に感じます。

 でも、日本のドラッグストアで、その動きをされると、ちょっとびっくりするー。たしかに、もし、わたしのかばんの中に、脱いだ靴下とか、食べかけのチョコバーとか、海洋堂のフィギュア(深海魚シリーズ)1ダースとか、ZA○Dのコンサートチケットの半券とか、人に絶対見られたくないものが入ってたら、うろたえるかもー・・・。

 日本でも、心はハワイイサイズで行きたいものですね。

f0085850_23295856.jpg


 Manoaの丘からキャンパスに向かう道です。ダイヤモンドヘッドが見えます。
[PR]
<< サガシモノ 幸せな日曜の午後 >>