タイランドと猫とわたし

冬の運び屋たち

 わたしがこの村にやってきたのは、12月の21日。その晩とその次の日の晩はとても冷えて、お隣のディーおばちゃんが肩掛けを、ご近所のサックおじちゃんが掛け布団をプレゼントしてくれたほど。タイって、けっこう涼しいのねー、と思っていました。

 ところが、ところが、ここ数日暑い日が続いているのです。 日中部屋にいると、どーもぐったり。
 (ちなみに、先日行ったKLは雨期まっただ中ということで、ものすごい湿度でした。雨も毎日降るし、空は常にどんより。同じ半島なのに、こうも違うんじゃねー。)

 先日、村にこもりがちなわたしを心配して、「近所のショッピング・モールに連れていってやる!」とごきげんにうちのベルを鳴らしてやってきたサックおじちゃん。おじちゃんに、この暑さと、先週までの涼しさについて、話してみました(このおじちゃんは英語がちょっと通じる、村の超重要人物)。

mame: わたしが来たときは、すんごく冷えたよねー。
sak: あー、mameが来たからでしょ?
mame: ???
sak: 村のみんなで話してたんだよ。あの子が日本から冬を持ってきてくれた、ってね。笑。
mame: みんな喜んでたんだー。ぷぷ。
sak: でもタイのお天道様は、強いからねー。もうmameの持ってきてくれた氷は全部溶けちゃったよー。
mame: ぷぷぷー。もっと持ってきとけばよかったねー。

 こんな話をする近所の村人たち、かわいいでしょう?

 今日も暑いのかなー・・・と思いながら、5:30amにおまめに無理矢理起こされたわたし。彼にフリスキーズをごちそうして、庭に水をやりに外に出る。・・・ん?涼しい??というか、寒い???あわてて、カーディガンを取りに家に戻りました。

 朝ご飯を食べてから家で作業をしていると、お隣でガララン、ガララン、と聞き慣れない音が。あ、Mrkだ!あ、Srhだ!帰ってきたんだー!

 寒ーいアメリカでホリデーを過ごして帰ってきたMrkとSrhが、今度は冬の運び屋になってくれたみたいです。しばらくは涼しい日が続くかな。

 朝ご飯のおかゆです。

f0085850_1035784.jpg

歩いて5分ぐらいのところのおかゆやさん。お隣の揚げパン屋さんでちょっと揚げパンをもらって、それをひたして楽しむ食べ方は、お隣のディーおばちゃんに教わりました。

= = =
 MrkとSrhが帰ってきた、ということは、学校が明日から始まる、ということ。あぁぁ〜、また胃が縮みそうです。とりあえず、明日はビザの問題を学校にclaimしないとっ!

= = =
後記:只今9pm、しとしとと雨が降っています。わたしがこちらに来てから、初めての「晴れ」以外の天気。Mrk & Srhが持ってきた雪は、空で溶けて雨になってしまったみたいです。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-01-07 10:38 | 食べ物@Thailand
<< アウト・オブ・コントロール 海のはなし >>