タイランドと猫とわたし

広島に帰りたいと本気で思いました

 退院したのが、土曜の午後。土曜の夜は、お友達先生とインド料理を食べに行って、リフレッシュ(ドクターにはスパイスを避けるように言われたけど、体の健康より精神的健康を選んだ)。

 日曜。朝はゆっくりして、昼過ぎからおでかけ。街に行って、映画をみたり、マッサージに行ったり、ゆったりとした時間を過ごすつもり・・・・だった。

 できませんでした。

 家から少し歩いたところでつかまえたバイクタクシー。大通りまで行ってもらって、そこでタクシーを拾おうと思っていた。で、このバイクタクシーの後ろから、わたしは落っこちました。頭から。


 あ、自分落ちてる、と気づいてから、地面にごんっと着地するまでのほんの短い間、いろいろかけめぐりました。

  また病院だ。
  どのくらいひどいかな。
  死なないかな。
  おまめ大丈夫かな。
  落ちたのがおまめじゃなくてよかったな。
  ・・・エトセトラ
               ごんっ
                      (しばらく、空白・・・・・・・・・・)

 全身打撲で病院に行きましたが、大きな問題はありませんでした。わたしを病院まで付き添って、そのまま、アフタヌーンティーまで一緒に行ってくれて、励ましてくれたFかさんとMみさん、ありがとう。

 それから、夜、何故かバンコクに来ていたK林夫妻。楽しかったです。

 次の日の月曜日は中国正月の振替で、学校はお休み。次の日のほうが、痛みがひどいです。筋肉痛みたいなのね、打撲って。

 わたしは、広島に本気で帰りたいと思いました。思っています。

 楽しい話題がなくて、とても残念です。このブログ、暗いな。
[PR]
<< 庶民なので わたし病人ですからっ! >>