タイランドと猫とわたし

はらがたった

 はらがたった。はらがたっている。

 「行ける」と言ったから、「じゃあ来てもらおう」と思って、「来てください」と言って、「はい、行きますよ」という返事をもらって、それでなんで来れないなんて言えるんだ。

 「○○だから無理」とか、「××だったらいいんですが」と言われるので、

 「○○なんてことはありません」とか、「××はもちろんできます」とか言うんだけど、そしたら、また別の方向から、

 「▽▽になってしまったので」とか、「□□だとは思ってなかった」とか、いろいろ仰せられる。

 わたしも、こういうとき、本当に嫌な性格なので、

 「じゃ、▽▽が終わったころに」とか、「□□というのは思い違いですよ」とかを、言う。連体修飾節や、やたらめったら接続詞が使われている、難解な文章の読解を行った末に、だ。

 何かを断るときにね、あーでこーでと理由をつけるのは、よくないよ。

 よーするに、いけんのんじゃろ。
 どーやっても、きたくないんじゃろ。
 それがいいたいんじゃろ。

 理由をつけて断るっていうことは、つまり、その理由があてはまらないときにはOKなんだ、って言っていることになると思う。わたしは、そう理解するし、自分も、そのようにコミュニケーションをとっている。

 理解不可能。はらがたつ。

 はい、この方、日本のお方です。国籍や母語で決めるのは、たいっへんよくないのは分かっとるけどね、でも、でも、なんか、びっくりするわ、こういうやりとりができる人って。

 その反対側に、こういうやりとりが理解できない、わたしのような人間に対してびっくりする人も、おるんじゃろうけどね。

 とにかく、はらがたってしかたがないので、寝ます。明日、3時に起きて、仕事する。

= = =
 「明日」になって、今学校の教室にいます。学校でこのページを開くのは始めて。どうしても書きたかったから、設定変えて書いてます。
 
 だって、このお方。今メールを開いたら、「ひたすら謝る」というテクニックに出ている。わたしが書いた質問や、なんやかやは、無視!「こちらの都合で、云々、、、、、ご活躍をお祈り申し上げます」とお決まりの文句。自分の非をひたすら書いて謝るばかり。わたしは、そういうことを言いよるんじゃないよ。全く会話になっとらんじゃんか。

 会社の不正とか管理不行き届きが見つかって、ひたすら、幹部が頭下げるっていうやつ。でも、具体的にどうするか、とかは、話さないやつ。まさに、あれよ。

 日本人じゃ。耐えられん。わたしは、これに慣れんでええわ。終了
[PR]
<< 発表した、というか、話した 外国語としての日本語学習用、さ... >>