タイランドと猫とわたし

いろーんなことがあった のち overdose

 「ほんっとに、なんか、いろんなこと起こってるよね」と同僚に言われ、まったくそのとーりです、としか言い返せないわたしです。

 だって、ほんっとに、すごいもん。

 その1。おまめの病気。その後、彼はすっかり回復し、ストリート猫にやられたのであろうひっかき傷がやっと「きっぽ(広島弁。標準語、知らん)」になってきたところ。それを、獣医と、ぽりぽり、かりっ、ぽりぽり、さくっ、とやって、少しずつきれいにして。そして、彼は、全く普通の生活に戻りました。

 よかったーーーー。ほっ。

 と思ったら、その2。

 土曜日にconferenceがあって、それから帰って夕方、庭に水をやっていると、なにやら、塀のところで、ぴくぴくするピンク色のものがっ!

 きっもちわるいので、近所のおばちゃん、おばーちゃんを集めて(すぐに集まる)、おそるおそる近寄ると、なんと、それは、生まれたて、というか、まだ生まれてはいけなかったんじゃないのか?というような、鳥の雛。

 ベトナムなどで、孵化する直前の卵を食べますね。ね。あれより、もっと、「たまご」でした。なんというか、頭と手足はあるけど、でも、胴体は「黄身?」という感じで。想像していただけるでしょうか。はい、大変気持ち悪いです。本当に、雛さんには申し訳ないけど。

 で、で、でも、動いて、口をぱくぱくさせている。見捨てるわけにはいかない。

 近所のおばちゃん、おばーちゃんとのなすりあい、開始。「あんたんとこで面倒みなさい」「いや、うち猫おるじゃんか、ムリ」「きもちわるいし、ムリ」、エトセトラ。

 結局、うちの敷地内で発見された、ということで、わたしのうちでひきとることに。えーーーーーっ!

 「ミルクをやれ」とは、向かいのおばちゃんのコメント。鳥に牛のミルクだなんて、タイ人、らちあかんわ!と思って、お隣のSrhに来てもらうと、「ミミズをくちゃくちゃしてやるしかないね」と。いや、Srh、ムリ。

 そして、ミルクやり、開始。いや、この2択では、やっぱり、ミルクでしょ。

 近所のTmyが参上。彼は、おまめを獣医に連れて行くのを手伝ってくれたり、なんだか、アニマルラバーなのです。事態を理解した彼は、村に住む同僚に電話をかけ、「鳥はいらんかね」と声をかける。「『超かわいい小鳥ちゃん、いらない?』って聞いてよ」というわたしのリクエストをさりげなく無視した、正直な人でもあります。

 もちろん、引き取り手が見つかることもなく、半たまごの雛と一夜を過ごす。夜中にふと何度も目がさめてしまったのは、わたしの母性本能なんでしょーか。ちょこちょこ、牛のミルクをやりましたよ。雛ちゃんは、よく飲み、そして、きちんと排泄もしました。

 ほ。

 と思って出かけた日曜日。



 用事をすませ、夕方帰宅。

 雛ちゃんの入っているかごを覗くのは、いつも、おそるおそる。でも、いつも、その子は、じたばたしていた。で、その度に、泣きそうに、ほっとした。

 でも、日曜の夕方帰ったら、だめでした。動いてくれませんでした。

 ・・・。

 ローテンションで迎えた翌週。その3です。

 火曜日、うちの学校のキャンパスに、赤十字がやってきて、献血ステーションを設けてました。わたし?はい、sign upしましたよ。そして、予想はしていたけど・・・献血拒否されました

 チェックシートを眺めながらの、ナースとの会話。

mame "I did faint, but I am feeling totally fine now."
nurse "You fainted!"
mame "yes...I did..."
nures "Where did you faint?"
mame "At campus."
nurse "You fainted at campus! How many times?"
mame "Three times or so?"
nurse "You fainted at campus three times! When was that?"
mame "This January, so...two months ago?"
nurese "You fainted at campus three times two months ago!"
.....

 このように、ナースは、一文を少しづつ長くしていきながら、ひたすら、「あんた、ぶっ倒れたの?」を、大声で、献血センターで叫び続けたのでした。周りの、献血中の人々の視線をめいっぱい浴びて、その場をすごすご帰るしかなかった、かわいそうな、わたし。あ、でも、"Blood Donor!"というスティッカーはもらった。なんのこっちゃ。

 献血できずにがっかりしていると、Tmyがわたしの教室に参上。「mame、これで元気になったらいいよっ!」と差し出した彼の手には、小さな袋が。

 「プロテインかなんかじゃないかな。献血センターでもらったよ。あげる。」

 という、その袋にはタイ語がなにか書いてあって、黒い錠剤が入っている。彼のあいまいな説明はそこそこに、なんだか、「これで、元気になれるっ!」と目の前が明るくなった、わたし。Tmyは次にすぐクラスがあったので、「じゃね」とささっと消える。

 「元気になれるっ!元気になれるっ!」

 るんるんで、袋の中の錠剤をがさっと、一気飲み。

 そして、やがて始まる、ただごとでない腹痛と嘔吐。。。はい、袋のタイ語は、「1日一錠飲んでね」と書いてあったらしいのです。袋には、20錠ぐらい入っていたのです。。。

 学校の保健室で、コトの顛末を説明すると、"Are you crazy---!"と、ナース、プロフェッショナルとはとても言えないコメント。

 タクシーで、ひとりもだえながら帰宅。そのまま、便器がお友達、となった、火曜日の夜でした。。。

 一晩で1kg落とせる方法、教えてあげますよ。これです。

 まだ、食事はムリです。Overdose。つらい。

 しかし、その3は、是非、笑いとばしてもらいたいっ。そんな気分のmamemamaです。Are you crazy? ...I think I am.

f0085850_1235281.jpg


 最後まで読んでくれて、ありがとうございます。お礼に、Bangkokの夜景です。
[PR]
<< 日本人に近づけた気がする すごくくだらないこと >>