タイランドと猫とわたし

カテゴリ:いろんなわたし( 56 )

おべんきょう

 もうひとつのblog、日本語の先生 研究ノートを更新しました。

 べんきょうは、おもしろい。
[PR]

ここ最近のこと

 みなさま、お元気ですか???ごぶさたです。

○最近のこと
 ー髪を切ってデジタルパーマというものをかけて人が変わった
 ー庭にグッピーがやってきておまめが猫っぽい目をした
 ー学校が始まって自分が教師だったと気がついた
 ー新しい先生たちに会って「色、白っっ!」と思った
 ースケジュールが去年と違っていて、今年は音楽の先生になった
 ームエタイを観に行って「ムエ」って何だろう?と思った
 ー学校近くのジムのメンバーになって意外と走れることを発見した
 ー高校の心理学の先生と白ワインを片手に統計について真剣に語った

 これら、それぞれ、個別の記事になってもよさそうなところですが、iBookの不具合を理由に(言い訳に)、だらけておりましてん。

 そして、今真っ最中なことというと、インフルエンザにかかった、ということです。学年の始まりというのは、大変"critical"で、今こそ、彼らを「ぎゅいーーー!」と絞めておかないといけないのですが、あー、学校開始2週目からダウンです。くーやーしーーーーーい!!!

 授業で必要なものを持って来なかったら、どういうことになるか。クラスのルールに従わなかったら、どういうことになるか。mame先生は、決してやさしい先生じゃないんだぞ!というところを、これでもか、と見せつけないといけないんだけれども・・・。あー、無念。

 病院に行って、Tylenolを処方されてます。これって、日本で処方禁止になったやつだっけ?違うやつだっけ?ぜーんぜん効かないよ、3日間、39度の熱にうなされて、いい加減寝るのにあきて、コンピュータに向かったmamemamaでした。

(39度の熱を持った頭で書いた文章は、いかがなものだろうか?)

<追記>
 熱を押して,学校に行きました。代講の先生用にレッスンプランを送るぐらいなら、無理して学校行ったほうが、よっぽど楽じゃん、と気がついたからです。

 そーしたら、今日、すごいことが起こりました。授業中に鼻血を出しました。いやー、人生で、最後に鼻血出したのって、いつかね。。。

 でも、おもしろいのが、生徒たち(10,11歳のクラスだった)のほうは、「教室にいる誰かが鼻血を出す」という事態には、慣れているわけね。あは。いちばんおたついているのは、mame先生自身!なんとっ!バスルーム・パス(授業中に生徒がトイレに立つときに先生からもらうもの)をくれたskrちゃん、ありがとう!あんなときでも、クラスのルール(パスがないとバスルームには行ってはいけない)を守ったきみは、すごいっ!

 夏に買った、無印のお気に入り黄緑カーディガンに、アヴァンギャルド、かつ、サイケデリックな模様がついてしまいました。今後は、それ相当のときに、着用したいと思います。
[PR]

あー、暑い!

 と書いたけど、タイランドは、きっと、今の日本よりもよっぽど過ごしやすい、と思う。

 何が暑いかって、それは、すっかり伸びてしまった髪の毛。人生最長。癖っ毛も手伝って、これまで髪を伸ばしたことはありませんでした。大学時代にいたっては、あの頃のシンニード・オコナー(知ってる?)ぐらいの長さでした。

 それが今では、鎖骨をとうに超えるぐらいまでに。奇跡的・・・。

 学校がもうすぐ始まります。区切りもいいし、もう切ってしまおうか、と思うのです。でも、もしかしたら、もしかしたら、万が一、自分がまた、三線を持って、あの着物を着て、髪を結わないといけない日が来るのではないか・・・?と思うと、髪の毛が切れないのです。

 今日、久しぶりに、まじめに三線を弾いたので、また、「切ってしまいたい衝動」にブレーキがかかりました。

 髪の毛が長いと、それを理由に欧米人に気に入られるから、嫌なのだ。こればっかりは、タイランドにいないと実感できないことなのだ。うきー。

 髪の毛が長いと、なんだか自分ではないような気がしてならない。もうすぐ始まる新学期。新しい生徒、新しい先生たち。わたしの第一印象って、どんなんだろう???

 明日から、学校に行きます。その次の週から、子どもたちが押し寄せてきます。くわばら、くわばら・・・。

iPhotoの調子がどうもよろしくなく、写真がupできない。よって、このところ写真なし。アメリカのこと、書きたいんじゃろ〜
[PR]

so dried up!

 ただいま、学年末。学校も残すところあと2週間。試験、成績といった、教育機関お決まりの学年末イベントに加え、保護者との連絡とりあい、相談、面談、そして、学校とのやりとり、云々。

f0085850_3522361.jpg


 たまーに、新しい人に出会って、どんなことしてるの?ということになって、そしたら、大抵、自分の仕事に驚き、もしくは、不思議いっぱいの反応をもらいます。「そんなことしてる人いるんだ」「そんな仕事あるんだ」「なんだってそんな仕事をしているんだ」「どうしてそんな仕事をすることになったんだ」などなど。

 自分でも、なんだってこんな人生を歩いているのかよく分からないけど、でも、自分で決めてがんばって、ここにいることは確かで。

 だから、ひとまず、目の前のことをがんばります。

 土曜日、朝一番で学校に行って、生徒60人分の成績をつけよう。

 昼までに仕事が終われば、わたしは、今年で帰る愛すべき同僚たちの船出を祝うべくPattayaのパーティーへ行きます。昼過ぎまでかかれば、三線を弾きに出かけます。

 さて、どうなるか。寝よ。干涸らびそうだけど、もう少しがんばろう。
[PR]

Facebookというもの

 少し前から使い始めて、すっかり便利でお世話になっているものがあります。

 Facebookです。だれか、知ってますか?

 写真を公開するツールが、その名の所以であり、また、わたしが最もお世話になっているところです。自分の旅行写真をアルバムにして、好きなのをたくさん載せておく。自分の友だちとして登録している人なら、いつでも見てもらえる。つまり、その逆もできて、遠くにいる友だちのアルバムも覗けるから、どんな旅行をして、どんな人が周りにいて、とか、そういうのも写真を通して、分かる。

 「そういうのって、他にもなかったっけ?」というみなさま。Facebookという、その名を考えてください。そこが、このツールのミソなのです。

 自分で写真をアップロードするとき、"organize"という作業ができます。どのように"organize"かというと、誰かが写っている写真の場合、その人をクリックすると、その人の名前が記入できるのです。

 それができると、何が一体いいことがあるのか?というと。

 その壱。人のアルバムを見ているとき、「この人だれ?」と思って、カーソルを動かすと、名前が浮かぶ。もしその人が「公開」しているなら、簡単な情報(住んでいるところなど)が閲覧できる。

 その弐。こっちの方が便利度が高いかも。自分が写っている写真を、登録している誰かがアップロードしたとする。すると、自分に連絡がきます。で、その写真にアクセスできる、という仕組み。

 複数人で旅行に行くと、便利ですね。「あとでCD焼いて送るね」とか「メール添付するよ」なんて手間は、もう嫌じゃもんね。

 意味、伝わったでしょーか。

 さて、みなさまも始めてみませんか?始めたら、教えてね。

(今のところ、日本語はなし。というところがネックかなー。日本人は少ない。書き込みはできるから、画面のタグなどが理解できれば、全く問題ないと思うんだけどなー)
[PR]

my country

 わたしがベトナムをふらついている間、職場の同僚たちも同様に各地をふらついているわけで。そして、今回の彼らの目的地で多かったのが、"Japan"でした。

 「今度のホリデーは日本に行くよ」と言われ、「えー!1週間で日本を旅しようとするなんてー」と思ったけど、いや、待て、わたしもベトナム横断したじゃんね。ハイライトだけ楽しんだじゃんね。各都市、1泊ぐらいで移動しとったじゃんね。人のことは言えません。

 さて、日本はそんなに気軽に行けるぐらい近いのか、というと、どうやら近いのです。欧米諸国からタイランドに来ている同僚たちにとって、"Japan"も"asia"だから、「近いじゃんか」、アンド、「今("asia"の一角に住んでいる間)行かずしていつ行こうぞ!」という展開になります。わたし、自分自身が、年に1回のペースで帰るので、日本ってなんだか遠い気がしていますが、彼らの「たった5時間で着いたよ」という類のフレーズを聞くと、近いような気がしてくるの。不思議。

 ・・・最初の段落に戻ります。どうして「日本」と書かず、"Japan"と書くのか。今回、そこが、ミソなのです。

 日本国外に住んで、はじめて、日本という国がよく分かる

 というのは、よく聞く話。

 というのを書こうと思ったけど、あ、マンゴーレインによって涼しい今夜、眠くなったので寝ます。

 なんのこっちゃ。すみませーん。
[PR]

タイの医療ってどーなんだ

 実はね、先々週の連休に、サメット島に行ったのです、mamemama。それについては、いつか、書く(かもしれない、し、書かないような気もする)として、その後のこと。

 こちらに来て、半年以上になりますが、病院に足を運んだ(運ばれたのも)回数は数知れず、入院も幾度か。そんなわたしも、毎度のことながら、タイの医療におどろく、というか、へー、というか、ぎょー、というか、そんな声が心を巡るのです。

f0085850_23532851.jpg


というのも
[PR]

思えば人生初

 14日の土曜日に、MAPLL(Mental Architecture for Processing and Learning of Languag) という学会でポスター発表をします。

 思えば、意外と、人生初でした。学会発表するのって。すっかりやったことあるものだと思っていましたが。

 というのも・・・緊張感、ゼロ。

 ポスターもつくって、5分間のShort Presentationのスライドもつくって、一応、シナリオも書いて・・・。ほ・・・。あ、落ち着いてしまった!

 今回の発表は、修士論文の1部抜粋。ちょうど1年前、ハワイイから帰ってきたばかりで、ハワイイシックの中、でも時間に追われてがむしゃらに進めて、意外とおもしろい結果が出てくれた実験。そうそう、間違いなく、お腹、ならぬ、頭を痛めて生んだ我が子。

 のんびりしとっちゃいけん、というのは分かってます。実験のデザインから、材料から、結構忘れているものなんですよ。というのは、スライド作りながら、気が付いた。ポスターなので、面と向かった質疑応答が主になるんでしょうか。どーんなところに質問がくるか、さてさて。

 と言いながら、やっぱり、緊張感が出ないなー。実験用語、専門用語、日英両方でざっとおさらいしておこうかな。えーーーっと、interactionって何だったっけ?
[PR]

名刺を貼り付けてみた

 ずっとできなかった、「名刺の貼り付け」というものに、やっとやっと成功しました。サイドバーの、写真とコメントとmamemamaがのっている、小さい四角のことです。

 「名刺」が貼り付けられて、アクセス解析、というものができるようになりました。これ、おもしろいね。

 こーんなところからジャンプしとるんじゃ。とか

 こーんな言葉で検索してひっかかるんじゃ。とか

 こーんな言葉で検索しとる人って何モノ? とか

  そーゆーの、おもしろいです。

 URLを直接伝えとる友だちぐらいしか読者さんはおらんじゃろう、と思っとったけど、意外と、検索でやってくる方って多いのですね。

 リンク貼ってもらっている先から、結構ジャンプしてもらっているんだなー、というのも気が付きました。リンク先さま、どうもありがとうございます♪

 それから、i-knowというところからのジャンプが多くて、何ぞや?と思っているmamemamaです。読んでたら、確かに便利そう。すすんでいる人は、どんどんそういうのに、敏感に反応して、利用しとってんじゃね。
[PR]

いってきます

沖縄にいってきます。
そのあと、東京と横浜。

小型スーツケース(コロ付き)を、義兄に借りました。
始めて使うー。これで、空港でこなれた動きができるかなー。
バックパックのうろうろは、今回は、おあずけ。

いってきます。ごろごろ。
[PR]