タイランドと猫とわたし

カテゴリ:いろんなわたし( 56 )

かんがえるわたし

 なんだかいろんなことをかんがえた。

 来月の学会発表のproceedingを書きながら、かんがえた。

 タイの同僚先生カップル、アンドその妹さん(みんなアメリカ人)が広島に遊びに来てくれて、平和公園に行ったりした。色々説明しているうちに、なんだか、いろんなことをかんがえた。「悲しすぎる」、と、Alxsがぽおぽろと流す涙を見て、またかんがえた。

 3人を連れて、よく行くお店に行って、「あー、いつも学校で友達みたいに、仲良くさせてもらってるけど、で、今もまさに友だちとしてうろうろしてるんだけど、でも、なーんか、違うなー、今はどうしてこんなに特別なんじゃろ」、と、かんがえた。

 で、とつぜん、広島の川沿いを車で走りながら、教師になる人、について、かんがえた。

 何をかんがえたか、それを書いたらとってもとっても長くなって、明日の朝8:30amに、彼らを迎えに行くことができなくなりそうなので、書くまい。でも、かんがえたんよ、いろいろ。なんかね、かんがえるんよ、いろいろ。こんなに、かんがえ虫の自分が、いやだわー。貧乏性にちがいない。

 さて、proceedingを書かねば。・・・って、やっぱり寝んのんね、あんた。
[PR]

あらしだった

 金曜日、2nd セメスターの提出期限でした。57人分のコメントも書き、ふらふらで3pmに提出。・・・おわったー。

 金曜日の夕方は、我が村で、しかもわたしの行きつけの湖沿いのレストランで、Middle School の Year End Partyでした。今年で学校を去ってしまう先生もいるので、彼らの出発を祝す、という意味もあり。

 わたしは、Middle Schoolが大好き。Pre-K(幼稚園前)からHigh Schoolまで揃っているうちの学校で、一番こじんまりしているセクションらしいです。

 中庭を囲んで各教室が向かい合うドーナツ型の校舎では、廊下を歩く生徒も、先生も、よく見えます。だから、1階から階段を駆け上ってくる生徒に、4階のわたしの教室前から、「○○くん、単語帳忘れちゃだめよー」と叫んだり、1階でてくてく歩く先生と、4階の教室を出たわたしとで、「元気ー?ご飯食べたー?食べに行くー?」「行く行くー。降りておいでー」みたいな会話をしたりしているのです、わたしたち。

 みんな、なかよし。みんな、やさしい。みんな、親切。

 授業は火曜日まであります。まだ仕事は残っています。が、彼らがFをとりませんように・・・と祈りながら、はらはら授業を組み立てて、クイズを作って、それを採点して、というのは終わりました。

 この1ヶ月は、あらしだった。

 特に、この1週間は、竜巻だった。

 仕事量が半端でなかったのももちろんですが、例の寺の猫さんたちに会いにいったり、体を壊したけど病院にも行けず、という日々だったのです。

 そうそう、この1週間は、声が出なかったんですよー。そして、そのせいかどうか、ひどい腰痛・関節痛に悩まされて。

 今日は土曜日。久しぶりに、仕事に悩まされない週末。これから病院に行ってきます。
f0085850_10113466.jpg


 この1ヶ月間、村で咲き誇っていた花。でいご???ちがう???この木は村にたくさんあるけれど、ここのお宅の木が一番きれいだ、と村人の間では評判です。
[PR]

ウィークエンド

 ばたばたで、ぐるぐるです。

 分からないといけないことが分かったけど、どうやったら分かるのか分からなくて、心も体もばたばたしています。他学科と照らし合わせて、自分の科目が揃うべきところが揃っていなかったりして、どうしたらいいのか、聞いたり、悩んだり。今、改めて、学年途中にやってきて、そして、フォローが十分でなかった学校側を、正直、恨んでます。

 そして、日本語科目と、自分ひとりで担当していることも、恨みます。誰かと助け合いたい。

 ということで、ストレス、非常にたまっている毎日。週末も、忙しいものでした。遊びで。

 金曜日の夜。インターナショナルスクールの先生たちとの交流会。少々おしゃべりに参加して、早々に退席。BTSに乗って、少し先の沖縄料理屋へ。

 3ヶ月ぐらい前にOPENしたそうで。そこで、唄三線をされる方にお会いする。久しぶりの泡盛をいただく。久しぶりのチャンプルーもいただく。知り合いの輪が増えて、うれしい。

 土曜日。朝から、タイクラフトフェアというのに出かける。今月の特集は、カゴ。ワニと恐竜に一目惚れし、即購入。その他、シンプルすぎる我が家のため、カゴをちょこちょこ。

 午後。疲労と、金曜日の夜からのお出かけ続きがたたって、貧血。スクンビット某付近で、ワニを抱えて死にそうに腰掛けていた日本人は、わたしです。

 それでもわたしをサマコーン村に帰らせなかったのは、大イベントが夜に待っていたから。

 吉本新喜劇 in Bangkok ---!!!!!

 笑わせてもらいました。元気になった。

 日曜日は、朝、村の市場で野菜を買って帰ってきてからは、体がベッドの一部になっています。おまめも、シャワーを浴びてきれいになって、ぐーぐー寝てます。

 猫のこともあって、グレー一色だったここ最近。来週は、どんな色になるか。

 週末は、猫に会いに行けなかった。行こうと思えば行けたけど、だんだん怖くなってきた。月曜日行って、わたしが会うことができるのが一体何匹なのかと考えると、頭がまたぐるぐるします。でも、月曜日、明日は絶対行く。
[PR]

いそがしいあいづち

 ときに、日本語母語の方と日本語で話すとき。気が付いた。というか、再認識した。

 特に話しはじめで、日本人というのは、なんだか忙しいものだ。あいづちが、多い。何回「うん」とか「はい」とかを言うのだろうか。しかも、連続的に、早く。頭も動く。小刻みに。

 わたしは、これをされると、とたんに、ものすごいスピードで、話す気が失せます。急降下、します。すとん、っと。

 ふつうだったら、ちょっと飾りもつけながら、話すところを、このような反応をされてしまうと、全く、必要最小限のことだけを口にするようになります。あんまりにも、「はい」が多いと、しばらく黙って、「話してもいいですか」とか聞いちゃいます。その「話してもいいですか」に、またまた「はい」がたっくさいついてくると、その「はい」が終わるまで、黙り込みます。

 話している途中に、「うん」や「はい」がいっぱい入る人もいるけど、そんな人と話すとき、わたしは、話している文を途中でとめてまで、それが終わり、静寂が訪れるのを待ちます。で、なにごともなかったように、また話す。で、また止まる。の繰り返し。

 だって、「人の話、聞く気ある?」って思う。キャッチボール、できんじゃんか。なんなんだ、日本人って!

 分かる?言っとること。
[PR]

庶民なので

 ・・・mame-sensei・・・。
 学校をまたまた休んだうえ、連休明けになってみたら、ロボット的奇っ怪な動きをしている。

 さすがの生徒たちもいろいろと考えたらしく、数人が挙手!(質問をするときは、きちんと挙手をする彼ら)

  mame 「はい、どーぞ、Ngくん。」
  Ngくん 「mame-sensei、なんだか、動きが変なんですけど・・・」
  mame 「あ、ばれた?」

 あーなって、こーなって、云々。説明しましたよ。

 貧血で入院したのは別として(反応に窮していたよーな気がする)、モタサイ事故について。彼らの意見を総合したところの結論は。

そもそも、モタサイに乗るものではない・・・だってさ。

 だってね、だってね、「ねー、みんな、あれにどうやって乗ってる?」と聞くと、「乗ったことない」の返答がほうぼうから・・・。そうね、そうね。あなたたちのよーなお金持ちは、乗らなくてもいいもんね。いつも、好きなときに、ママかパパか専属ドライバーさんが送ってくれるもんね・・・。

 セレブに、タクシー呼べばいいのかな・・・。あ、違う、歩けばいい。自転車でもいいし、ね。セレブ的生き方って、なんだかできないー。

 しかし、きちんと心配してくれて、話を聞いてくれて、話を聞きながら、「あらー」という顔をしてくれた、彼らなのでした。

f0085850_21354872.jpg


 写真は、恵方巻きをつくってルンルン♪の6年生たちです。
[PR]

アップしました

 しばらく凍結状態だった、わたくしmamemamaのもうひとつのblog、日本語の先生研究ノートですが、さきほど、大変久しぶりに更新いたしました。ここで、宣伝させてください。

 やっぱりわたしは、理屈っぽくて、しかも、モノをやんわりと言うことができないのでした・・・。そして、研究するということが、やっぱり好きなんだな、と思うのでした。

 あんなに死にそうになったのにねー。
[PR]

お買い物ぶくろ

'eke
1. bag [かばん、袋]

= = = = =
 ずいぶん前だけど、ふと思い出したこと。

 その日、どうしても化粧水を買わないといけなくて、閉店ぎりぎりにドラッグ・ストアに入りました。近所の店舗に行ったので、いたって身軽にプチかばんに車のかぎとポイントカードだけ放り込んで。

 選んでいる間に、閉店の音楽が流れ、もたもたしているうちに、わたしは最後の客に。レジでは、店員さんが「あーよかった。やっと来たぜ」って感じで手早くレジを打つ。

 ビニールに入れようとした店員さんに、「袋はいいですー」と言うと、そこから、店員はちょっとおもしろい動きをしました。

 1 わたしのかばんのホックをはずし、開けた!
 2 商品をかばんに投入した!!
 3 かばんのホックを閉じた!!!

 笑顔で彼(若い男の人だった)は、もたつく客(わたし)を見送りました。いい笑顔でした。彼がいい笑顔だったので、すぐには気が付かなかったけど、これって不思議じゃないですか?店員って、客のかばんわざわざ開けて、入れて、さらに閉めるっけ???

 と言いながらも、わたしは、ぜーんぜん腹なんて立てなくて、逆に家に帰って母と笑いました。おもしろーい。今では、今度もまた、彼のその動きが見たい、とまで思う始末。

 思えば・・・

 ハワイイでよくお世話になっていた、SAFEWAYというスーパーマーケットでは、わたしはよくお店の人に荷物を入れてもらっていました。理由はやはり、わたしがもたついていたから。トートバッグならもちろん、バックパックの時も、わたしの背中からそれを奪ってまで、店員さんは荷物を詰めてくれました。

 「あー、なんでパンを先に入れるかなー・・・」

 とか思いながらも、その親切をありがたく思っていたものです。ハワイイだと、こういう動きは、いたって普通に感じます。

 でも、日本のドラッグストアで、その動きをされると、ちょっとびっくりするー。たしかに、もし、わたしのかばんの中に、脱いだ靴下とか、食べかけのチョコバーとか、海洋堂のフィギュア(深海魚シリーズ)1ダースとか、ZA○Dのコンサートチケットの半券とか、人に絶対見られたくないものが入ってたら、うろたえるかもー・・・。

 日本でも、心はハワイイサイズで行きたいものですね。

f0085850_23295856.jpg


 Manoaの丘からキャンパスに向かう道です。ダイヤモンドヘッドが見えます。
[PR]

初秋の京の都へ

 28日になんばでインタビューがあります。その日に広島を出ても間に合わないので、今日、27日に向かいます。

 でも、泊まるのは京都にしました。ひさしぶりの京都です。

 ついでに、楽しんできたいと思っています。

 ルンルンで、昨日こんな本を買いました。

f0085850_9253662.jpg 「タビリエ」シリーズ
 JTB出版です。
 このシリーズ、女子の心をくすぐるような設定になっていて、とても面白い。
 京の小物、おもしろおみくじ特集、神社・仏閣の意外な楽しみ方(わたしとhnさんは、「写仏」に目が輝いた)などなど・・・


 きのう、hnさんと夕方横川でお茶。山田詠美の『風味絶佳』と、ハチクロ全10巻を借りました。ハチクロはちと無理だけど、エイミーの話題作は、かばんにしのばせていこうと思います。

 きのう、見事に転んで足の親指を捻挫。謎の病気もまだ続く。でも、久しぶりの関西プチ旅行、楽しんできます。

 いってきます♪
[PR]

High or Low?

実は、細々と、就職活動中のmamemama。

遠方の応募先に、「んじゃ、video interviewするからね」

と言われたら、どんな状況を想像しますか?

わたしは、自分のコンピュータにチャット用みたいなビデオを付けて、そういうところにネットでアクセスして・・・という状況を想像していました。

違ったわー。

"video conference centre"と呼ばれるところが、あって、そこにわたしが行くんだそうな。

「行く」って言ってもねー、大阪まで行かんといけんのんと。

広島にないんじゃろーか。

なんか大がかりじゃー。

お、High techな就職活動じゃー♪と思っとったけど、結局、そういうある種「ものものしい」ところに行かんといけんのんじゃ。実は、Low techなんか?

いや、それだけ、そこの機関がしっかりしとるゆーことじゃろーね。

(このところ、広島弁blogになりよるわー)
[PR]

あなたがつぶやく最期の言葉占い

 今日、2つめの日記。書かずにいられんでね。 

 たどりついて、やってみました。あなたがつぶやく最期の言葉占い

 「今まで本当にありがとう」

 だそうです。わたしの最期の言葉。娘家族に見守られ(娘なんじゃ!っていうか、子ども生むんじゃ!)、平和に亡き夫に思いをはせながら(夫先に死ぬるんじゃ!っていうか、夫できるんじゃ!)、安らかに息をひきとるそうな。

 自動車と接触したり、バイクの後ろから転げ落ちたり、階段から派手に落ちて頭で着地したり、と、子ども時代から、大人になった今でも生傷の絶えないmamemamaで、「きっと事故で早く死ぬることじゃろー」と思っていましたが、意外にも、平和な老後を迎え、地味に風邪で死ぬるそうです。たしかに、これだけ派手に事故に遭いながらも、これまで大した怪我はしたことない。

 穏やかな老後を占ってもらい、今日は安らかに眠れそうです。
[PR]