タイランドと猫とわたし

カテゴリ:ぐるぐるなわたし( 67 )

うさぎビーム

f0085850_21374753.jpg 母のうさぎ号を、半ば奪うかたちで、わたしは毎日、それで大学院まで通っています。うちのうさぎは、かわいい、かわいい、薄緑色。(いい写真がなかった)

 緑のうさぎ号は、元気にぴょんぴょんはねながら、1時間と少し、走ります。


 うさぎ号は元気だけど、でも、ドライバーのわたしは、毎日疲労が限界ぎりぎりの状態なもので、だから、無茶な運転はしません。そんなことしたら、事故になる。死ぬる。

 しかし、世の中には、そんな地道な運転で、まじめにかわいく、こじんまりと走る小さな車に腹を立てる人もいるわけで。しかも、そういう車って「腹立ててるぞーっ!!!」と、アピールするん。わざっと、ぎりぎりまで寄ってきたりね、車線をぎざぎざしたり。

 60kmで平和に走るうさぎに、そんな乱暴なことをするとはっ!

 「かっ」とは、しない、そんな無駄な力は使いません。でも、もやもや。そんなときは、車体のあちらこちらについているうさぎマークから、ビームを出します。その車の人に、何かやっかいなことが起こるようなビームを。

 携帯電話の電源が切れる。お弁当の汁がもれる。雨が靴下までしみる。そういう、その人だけ、嫌なこと。

 びびびーっと。

 今日は、大学のとある部屋にこもって、ずーーーーっと、コンピュータ、その他機材に囲まれて、実験の準備をしていました。つかれた。これから、うさぎ号に乗って、家に帰ります。

 うさぎビーム、あんまり出したくないです。でも、出してしまうのです。夜の国道は、困ったドライバーが多い。むー。
[PR]

違うもーん

 咳のしすぎか、何かの祟りか、腰が痛い。筋肉が、痛い。

 ハワイイにいたときも、なったなー、これ。Mrkが、色々と面倒を見てくれたなー。隣の部屋のRbccは、すごい顔をして、"Are you okay?"と会うごとに言っていたなー。あのときは、どうやって治ったのかな。確か、オレンジを食べた。韓国のSygが、何か謎のブレンドの韓国茶を作ってくれた。

 今日、オレンジを買おう。いや、オレンジじゃなくてもいい。瀬戸内の、なにか、食べやすい、柑橘類の果物を。

 でもね。

 ねーねー。これって、風邪なんかなー?

f0085850_5402487.jpg 違うよー、mamemama。


f0085850_5411223.jpg mamemamaは、風邪なんかひかんよー。


 Mahalo, 駒犬たちよ。これは風邪じゃない。咳が出るだけ。筋肉が痛いだけ。喉が痛いだけ。うん、うん。

 H野さんが言っていた。カナダで「風邪なんで会社休みます」ってのは、ありえないんだって。ベッドの上で休んでいたって、風邪は治るものじゃないから、だって。もうひいてしまったものは、仕方がなくて、普通に生活活動をして、治るのを待つしかない、とみんな思っているんだって。

 具合が悪くても、何か動いていたほうが、楽なこともある。わたしは、休まんぞ。

 今日も、大学まで、1時間ちょっとのドライブです。昨日、帰り道にTSUTAYAに寄って、CDを借りてきたし、それを聴くのも楽しみ(「くるり」が揃ったので、ごきげん)。わたしは、車の運転が、結構好き。
[PR]

一喜一憂

'auinalā
1. afternoon [午後] (lit. descent of the sun)

= = = = =
 明日で、猫屋敷を去ります。

 友達が、訪ねてきてくれました。そして、お話をしたいと思っていた人も呼んで、3人で、ずいぶん長くおしゃべりをしていました。いろんなこと。そんな午後を過ごしました。

 先日、「感動したりして、よく泣きそうになることがあるよ」「人といて、楽しかったり、ショックだったり、とてもピュアに反応するよ」と、ある人に話していました。その人は、それに、「情緒不安定なのかもね」と言いました。それだけ起伏が激しいと、と。自分では、とても素直に感情が出せているので、よいのかな、と思っていたので、その返答は、とても意外でした。

 今日のおしゃべり。自分をきちんと愛せている人、自分をきちんと評価できてそれにゆらぎがない人というのは、人の言うことに、いちいち心を左右されない、と。褒められて有頂天になったり、叱られてへこんだり、そういうのはないのだ、と。

 私はというと、最近、毎日、全ての感情をぐるぐるしているのではないか、と思います。

 今日も、とても面白いことと、とても楽しいことと、とても緩やかでほっとすることと、とても感動することと、とてもショックなことと、とても悲しいことと、とてもとても悲しいことと、とてもとてもとても悲しいことが、全部ありました。

 「とても〜」な状態のとき、ふとそばにいる猫を見て、「あ、自分、うかれすぎ」とか、「あ、自分なんでこんなことに涙しよるんじゃろう」とか、途端に冷静になることがあります。猫は、何てことない顔で、風の匂いを嗅いでいるだけなのです。

 おしゃべりをしながら思いました。そうか、先日の人の意見は正しいな、と。私は情緒不安定なんだな、と。

 でも、どうやったら治るんでしょうね。楽しいものは楽しいし、悲しいものは悲しいのです。

f0085850_1944214.jpg


 先日、島の東側、潮吹き岩やsandy beachがある辺り、海を一望できるところに、友人の車で行きました。行ったのは、2度目でした。その友達と一緒にいられて、とてもハッピーでした。私は、その友達たちをとても愛しています。(そのあとは、ハイキングに出かけて、ずっと楽しい1日を過ごしたのです)

 でも、海を見ながら、1度目に一緒に行った人のことを考えて、それも、思い出して、とてもとてもとても悲しくなりました。どうして、あんなに悲しくなったんだろう。

 そのときは、とても穏やかに幸せだったのに。海は、同じなのに。
[PR]

どうしたことか

moe 'uhane
1. dream [夢] 2. to dream [夢を見ること]

= = = = =
 おーい。あそこになんかおるよ。

f0085850_2294319.jpg ごそごそ。

ちゃら〜ん。

f0085850_22103993.jpg ども。

マレーバクさんです。クアラルンプール郊外の動物園でお会いしました。
(写真が暗くてすみません)

 最近、夢を食べられてしまったんじゃないかと思うんです。何が夢だったのか、そもそも夢があったのか、すっかり根こそぎぽっかりなくなってしまった気がするのです。

 バクさんの仕業に違いありません。

 今日は、1日、main land(アメリカ本土)に帰る三線友達に贈るプレゼントを作っていました。全然、頭使ってないよ。音楽を聴きながら、無心に、ずっと、ちくちく(縫い物なのです)。

 今日のBGMは、何故だかスガシカオです。「Room201」という曲は、良い曲ですね。ギターが弾けたらよいのに、と思います。「坂道」という曲は、ちょっと歌詞がいや。

  ♪振り返らずに上ること。まだ半分だよ〜♪
  ♪休まないで上ること。きみならできるよ〜♪

 できんわ。

 あ、猫めくり(愛用の日めくりカレンダー)が、4月23日になっています。あんなに毎朝めくるのを楽しみにしていたのに。「今日が何日か」というより、「○○の期限までにあと何時間あるか」とか、「●●をするにはあと何時間必要か」とか、そんなことばかりを考えてきました。朝も、昼も、夜も、関係なく。

 そして、今は、何日でも、何曜日でも、どうでもよくなりました。
[PR]

くるりを聴きながら

huli
1. turn [曲がる、回る]
E huli hema i ke kukui 'ula'ula. (=Turn left at the red light. [あそこの赤い信号のところで、左に曲がってね。])

= = = = =
 朝まで寝てやるぞ、の勢いで寝たはずが、起きてしまいました。T美さんが日本に帰るときにくれたジンを、ALOHA maid社のPinapple orange味のジュースで割って、で、トルティーヤを焼いてチーズを挟んだのを作って、書いています。iTunesで、くるりがかかっています。

 そういえば、ハナレグミが何かのアルバムで歌っている「男の子女の子」という歌は、くるりの歌だったんですね。H野さんに聞きました。H野さんは、くるりバージョンがよっぽど良いと、言っていたな。Limewireで探したけど、見つからんかった。

 そういえば、奥田民生一人股旅@広島市民球場のとき、くるり歌ったかなー。フジファブリックは覚えてるけど。

 明日からクラスがない、という状況が少しずつ現実味を増してきました。そうか、もうアーティクル読まんでいいんじゃ。クラスに持って行くコーヒー、朝入れんでいいんじゃ。朝から、ダイエーに行ってお買い物とかしても、いいんじゃ。

 たった2,3時間寝ただけで、自分が今まで全力疾走で走ってきたことが、何だったのか、それすら忘れてしまったような気がします。前を見ずに走っていて、ふと顔を上げたら、「あれ、何だったっけ」と。そのうえ、その全力疾走している間に、いろんなものを振り落としてきて、犠牲にしてきて、きっと傷つけてきて、迷惑かけてきて、それも何だったのか、それも忘れてしまったような気がして。

 こっちでは、基本的に、ひとりです。友達はたくさんいます。嬉しいことに。でも、研究は、ひとりです。苦しくて泣くのも、分からなくて頭を掻きむしるのも、ひらめいて目の前に花が咲くのも、ひとりです。研究をしている友達はたくさんいます。たくさんいすぎるから、特に、誰も、ひとのことは干渉しません。質問したり、相談したりしたら、とても快く協力してくれます。でも、何も自分が行動を起こさなければ、そこには何も起こりません。

 失敗する。やけをおこす。でも、誰もおいしいコーヒーを入れてくれません。
 気を失う。何もできなくなる。でも、誰も手をひいてくれません。
 ひとつ前に進む。ひとつ階段を上る。でも、誰も頭をなでてくれません。

 「私、大変なんだよ」「私、すごいんだよ」と外に出さない限り、誰も私のことは見ていません。そして、私は外に出すのが、あまり得意ではありません。出したら出したで、うまく出せなくて、無駄に人に心配をかけたり、あとでひとりで悲しくなったりします。

 そういう歩き方は、自分で選んできたものなので、自分の責任です。研究とはそういうものかと、それに慣れてもいいのかなと、そんな風にも思っていました。そうしないと、研究が進まないくらい、私は不器用な勉強の仕方しか知りません。

 それでも、ときどき、誰かに、思いがけず気に掛けてもらったり、したいものです。でも、自分こそ、今まで人のことを気に掛けてこなかったので、これは大変に身勝手なお願いでして、これが叶わないのも、やはり自分の責任なわけです。

 こっちで覚えてよく使うフレーズに、"be on the right track"というのがあります。Am I on the right track? 私は正しいところを走っていますか?私は、軌道をそれていませんか?

 それているように思います。

 ジンがよくまわって、おしゃべりになってしまいました。くるりも、いつの間にか歌い終わっていました。
[PR]

疲れてしまいました

ha'alele
1. resign [諦める、放棄する、辞職する]

※ハワイ語だと、この語の深刻な意味が吹き飛びそうな音です。
= = = = =
 自分に素直に生きねば、自分にため込まないようにせねば、自分に優しくせねば、というのが、昨年、2005年に誓った抱負。昨年はそれができなかったので、今年も繰り越してます。私は、人(他人)にも優しくないですが、それは、ノータッチ、積極的には関わらない(関わり方を知らない)という意味で、攻撃するつもりはありません。でも、自分自身にはついつい攻撃してしまうので、こんな抱負をたててみた、というわけです。

 ため込まないように、という意味で、この今のうやむやを、放出。

 私は、天才な頭を持っているわけではないし、器用なタイプでもないし、人の間を渡り歩くのも苦手だし、とにかく、すごくなんてない、普通の凡人ですよ。こんなセメスターの一番忙しい時期に、修士論文の研究を、しかも日本語でなんて、できません。だからもっと早くから研究を進めたいと言っていたのです。この時期に、スパートをかけるのは無理だから、だから、早く、早く、早く、と言っていたのです。

 もう、これから走ることは、私にはできませんよ。遅いですよ。まったく。

 ポスターを作ってキャンパス中を歩き回って貼って回って、被験者を集めること、日本語クラスの先生と連絡をとって、学生にflyerを配ってくださいとお願いすること、実験設備を予約すること、実験計画を書くこと、プログラミングを勉強すること、設備の使い方が分からないからそれをまた勉強すること、分からないことがあったら知っている人を探してその人と会う約束をメールなりなんなりでして聞いて回らないといけないこと、予備調査をしないといけないこと、予備調査のお礼のお菓子を買いに行かないといけないこと、もろもろ・・・。

 そんなことを、こんなセメスター末の忙しいときに、できません

 「やめます」と言えたら、どんなに楽か。あれ? 言えばいいのかな? 早く今のうちに諦めて、私は、眠りたい。もう、体もくたくたです。

 先月、突如発作のように「ほろせ」を発症して以来、精神的に不安定になると体中に発疹ができます。最近、このところ、全身発疹ですよ。アメリカサイズのステロイド剤、常用してますよ。今、傷だらけのこの体で水質汚染警告の出ているWaikikiの海に入ったら、1秒でブドウ球菌に感染しますよ。免疫力低くなってるし。もう、いっそのこと感染してやろうかなー。もー。そしたら、doctor's note書いてもらって、何もせんでもよくなるんじゃないんねー。

 無理です。全部。私にはできません。

f0085850_16142840.jpg Angusです。
 
 猫というのは、どうしてこんなに手足をややこしくして寝るんでしょうねー。肉球が密集しています。

 私もこんなふうに寝たいものです。

 私も人間ですから、108つの煩悩があるわけですよ。


 ばかー。ばかばかばかー。

 mamemamaが、一体今、何をしようとしているのか、ご存知ない方には、さっぱり訳が分からない記事ですね。すみません。ご存知な方も、コメントのしようがない記事ですね。ボクシングとかやりたい気分です。
[PR]

Water chestnutって?

ma'i
1. sick [病気]
※ハワイイ語で言うところの"sick"は、"health"と同義のようにとらえられるとか。それで、病院のことを、hale ma'i house of sick と言ったり、hale ho'ōla house of healingと言ったりするみたいです。

= = = = =
 昨日の晩、遅く、救急病院にかけこみました(搬送されました)。

 土曜日のパーティーで食べたものの何かに私の体がアレルギーを示したのです。パーティーの最中から体中が痒かったけど、「蚊が多いなー」と思っていました。でも、パーティーが終わって、さて帰ろうというとき、体中があまりにも真っ赤に腫れあがっていて、「あ、アレルギー出たー」と気が付く。その日の晩、体中が痒くて、膨れあがって、発狂。「ほろせ」です。

 日曜は、おかしいものの、でも引いていたので、なんとなく、放置。すると、夕方から、またひどくなる。晩、顔も何もかも赤くなって、形がおかしくなって、私の体を見た寮の子は「●▽%◆○#〜〜!!」と叫ぶし、自分も痒すぎて発狂するし、ついに、夜間の救急病棟のある、ホノルル市内のStraub hospitalへ。「救急車かっ?!」と思いましたが、土曜のパーティーの主催者Jycが車を出してくれました。Mahalo! Jyc!

 発狂しすぎて、病院についたころには、なんだか楽しくなってくる。訳がわからないわけで。私のほろせ(英語では"hives"というそうです。こんな単語覚えてしまいましたよ)を見て、「ぎょへー」と医師。それすら、楽しい。

 私、山芋・里芋アレルギーです。そのときになったのと同じ症状でした。でも、そんな芋、食べてない。しかし、医師は、その「芋とやらはなんだ」と訪ねる。「こう、泥の中で育つ芋でね、白くって、ちょっとスライミーで、ねばってしてて、糸ひく感じで・・・」あの手この手で説明するも、山芋・里芋については、彼にはにうまく伝わらず・・・(おそらく、英語ではpotato[芋]扱いではないのでしょう&何より、彼は見たことも食べたこともないでしょう)。

 おろおろと心配してくれているJycは、日系の方で、ちょっと知っているかも・・・んー・・・という感じでした。で、「あ」とひらめいた。「Water chestnutじゃない?私、たくさん入れたもの」と。

 私、マレーシアでも、water chestnutはよく食べたと思うんです。好きだし。でも、ここに来てアレルギーが出たのかも。弱っていたのも、相まって。

 しかし、water chestnutの調理前の姿、瓶詰めにされる前の姿は、実はよく知らない。日本語で何て言うのでしょう?どんな奴らなのでしょう?山芋・里芋に通じるところがあるでしょうか?ご存知の方がいたら、教えてください。

 今は、ステロイド剤を飲みながら自宅療養中です。

 というのは、建前。クラスにも行ったし、課題に追われて、今晩も半徹夜ですー。脳は使わないとどうしようもない。その代わり、頼んだぞ、私の体。がんばって、water chestnutと戦ってくれたまえっ!
[PR]