タイランドと猫とわたし

カテゴリ:食べ物@Hawaiʻi( 6 )

転mporary

kūikawā
1. temporary, for the time being [一時的]
Kūikawā kona ho'ohana 'ana i ke ko'oko'o kālele. (=His using a crutch is temporary. [彼が使っている松葉杖な一時的なものだ。])

= = = = =
 体調不良とか、就職活動とか、そんなこんな理由でしばらく行っていなかった三線教室に久しぶりに顔を出しました。

 2004年、日本に帰ってきて、ふいっと見かけたポスターと縁があり、三線教室に通い始めました。自分用の三線も奮発して買ったけど、大学院が忙しくて、毎週はそうそう通えず。 でも、教室のみなさんはとっても親切で、ほぼ幽霊生徒だったわたしも、機会があればイベントなどのお手伝いもさせていただいたりしていました。

 そして、また2005年に日本から出る。

 そして、また2006年に日本に帰ってくる。

 そして、また2007年にどこかに行く・・・かもしれません。2006年かもしれんけど。とにかく、宙ぶらりん。

 教室で、少し前の話をするも、「そのときは、わたしはいなかったな」となり、少し先の話をするも、「そのときは、わたしはもういないかな」となる。

 場所を転々とし、仕事を転々とし、身分を転々とし、一体何年わたしはこの状態で生きとるんじゃろう?と思います。そして、今も、次の「転」の前段階。

 次の「転」は、落ち着きたいなー。浮き草のように流される生き方を楽しんだときもあったけれど、なんとなく、今は、嫌だなー。数年先、ひどければ数ヶ月先の自分が見えないような生き方は、しんどい。

 と思いながらも、「転」が訪れるのは、やはり運命。浮き草が流れ着くその先は、浮き草は自分では決められないのですわ。

 普通の人は、浮き草人生そんなに長くやらないかも。ひとつ、わたしをそうさせている、というか、長く続けることを可能にした理由のひとつに、音楽があるかな。どこにいても、それはあるからねー。

 音楽を悪者にしちゃーいけん。宝物です。しかし、わたしが三線を始めた理由は「持って動けるから」という、temporary人生を可能にするためのものだったのです。自分で蒔いた種って、このこと。

 ・・・とかいろいろ考えると、わたしの中で、ハワイは、長く暮らしても楽しくやっていけるかも?と思えた、数少ない土地のひとつでした。そういえば。

 と、ハワイを懐かしんで、えいっ。MUSUBI。これは、日系人の町、ヒロのファーマーズマーケットで出会ったMUSUBIの大群。

f0085850_184231.jpg

[PR]
by mamemama_blog | 2006-10-13 01:21 | 食べ物@Hawaiʻi

Memorial day @ Magic island

waihona ho'omana'o
1. memory
※ Note: Waihona ho'omana'o refers to one's collection of memories or memory bank.
この語は、"memory"を集めたような、"memory"の固まりみたいなものを表すそうです。

hali'a
haili
ho'omana'o
1. memory
※ Note: Hali'a, haili, and ho'omana'o refers to a single memory of an event, place, or a person.
この語たちは、ひとつの出来事、ひとつの場所、ひとりの人などに対する、"memory"を表すそうです。

日本語の「思い出」と「記憶」の違いも、説明が難しいものです。どうして、その使い分けが必要だったのか、その言葉が生まれなければならなかったか、その文化的背景がもしあれば、そして、それが分かれば少しは分かるようになるのかな。ハワイイは、memoryに何か特別な意味があるのでしょうか。

= = = = =
 5月29日は、memorial dayで、アメリカ全土は休日です。この日は、戦争で亡くなった方達を悼む日。Honolulu郊外の墓地の前をバスで通る機会がありましたが、墓地中に、赤や黄色の花が手向けられていました。

 Ala Moana Shopping Centerの海側にMagic islandなるものがあります。昨日は、そこで、ちょっとしたイベントがありました。実は、日本のとある新興宗教のイベントらしいのですが、それは別として、私がどうしても行きたい理由がありました。それは、

Jake Shimabukuroがライブをするからです!

 Honolulu生まれの、沖縄系のJake。Ukulele弾きです。(葉加瀬太郎が曲を提供したり(My heart goes on?)、Over the rainbowなど、ポップスもたくさん演奏するJake。わたしは、"Sunday morning"というアルバムの、"Sleep walk"という曲が好きです。)

 ハワイイにいいる間、一度はJakeの生演奏を聴きたい、というか、生Jakeが見たい、と思っていたので、気分はルンルンでした。友だち数名と出かけて、芝生に陣取りました。

 眼鏡をとって、少し痩せて、髪もさらさらになって、Jake登場。30歳を越えているとは思えない、何とも無垢な顔をした小さな人でした。2曲弾いてくれましたよ♪

 その後、もちろん、フラ・モダン、フラ・カヒコもあり(祝詞がかっこよかったー)、ホラ貝の共演もあり、素敵なショーでした。

 その後の、(これが本当はメイン・イベント)灯籠流しも美しかったです。

 そのイベントには、明日帰国(!)という北大からの友だち、Sn-ichiroもいて、そして、そのイベント後にみんなで行った韓国料理屋には、「もう会えないよね・・・」と言っていたMrkoも来てくれて、みんなで楽しいディナーをしたのでした。

 人と別れるとき、本当に、私はどうしていいかよく分かりません。これまでの人生で、たくさんの「バイバイ」を経験してきましたが、いつもうまくできません。それまで楽しく話して、最後にハグをして、笑って「元気でね」と言うことしか、できません。あ、これで、いいのかな?

f0085850_711780.jpg Mrkoは、同じクラスをとって、寮でも偶然にも同じフロアになり、よくおしゃべりをしました。私が大風邪をひいたとき、本当に色々してくれたし。

 Mrkoは、かわいい猫のカードをくれましたよ。素敵なことばをもらいました。別れのとき、カードを渡すのって、素敵だな、と思いました。わたし、そんな発想できませんでした。ごめんね、Mrko。日本から、Marianne Hallに手紙を書くよ。

 このサンドイッチは、前、MrkoとMrと3人で行った、ロコに知られている素敵なカフェでいただいたもの。久しぶりに、健康的で美味しい「カフェの時間」を、素敵な友だちと過ごしたときに撮りました。


 夜は、遅くまで、Sn-ichiroとNthko,Yyaさんと、お別れおしゃべりをしました。

 もうすぐ私の番が来ますよ。

(デジタル・カメラが、とうとう壊れてしまいました。こんなときに、どうしよう)
[PR]
by mamemama_blog | 2006-05-30 11:30 | 食べ物@Hawaiʻi

Leonard's のマサラダ

palupalu
1. soft, fragile, flexible [柔らかい、壊れやすい、柔軟な]

luana
1. to enjoy yourself, to relax [楽しむこと、ゆっくりすること]

= = = = =
 猫屋敷にやってきました。またまた。突然、家主がCaliforniaに行く、と言い出し、頼まれました。ちょうどSummer brakeのわたし。もちろん、即OK。

 素敵なテラスと、素敵な庭のあるこの家では、ゆっくりコーヒーが飲めます。そんな時間を大切にしようかな、と、お茶のお供を買って、参上しました。

f0085850_2235417.jpg Leonaard's(「レナーズ」と読む)のマサラダです。マサラダとは、ある意味ハワイイの有名スイーツ。その昔、ポルトガル人がいたころにやってきて、そしてこの地に浸透したそうです。

 Leonard'sは、Kapahulu通りにある、マサラダの老舗。いくつか新ブランドが誕生しようと、1位の座にどっかり座っているお店です。


f0085850_22402190.jpg カリカリ。
 ふわふわ。
 砂糖ジャリジャリ。
 手はベトベト。
 これぞマサラダ。
 大きいのが1つ、88cなり。


 お店の概観も写真に撮ればよかったですね。古きよきオールド・ハワイイ、という感じの素敵な見せ構えなのですよ。

 5月6月限定で、マンゴー・カスタード・マサラダも発売中でした。今度はそれを試してみよう。

 少し前になくして悲しんでいた、DEAN & DELUCAのお買い物かばんが出てきました。壊れたと思っていたデジカメも、どうやら買った電池が「はずれ」だったようで、新しい電池を買ってみたら、何てことなく動いてくれました。

 大変、大変、と心配していたことも、何てことなく、過ぎていきます。結局、そんなもんなんですね。
[PR]
by mamemama_blog | 2006-05-18 03:30 | 食べ物@Hawaiʻi

お腹痛の原因

'eha
1. pain, hurt [痛み、傷] 2. painful, sore [痛い、ひりひりする]

= = = = =
(T美さん、Ys子さん、Mkiちゃん、Mt吉さんに、お知らせです)

 お腹が痛い・・・

 昨日の朝10amからだった先生とのapointmentもキャンセルしました。あー、やっと時間が取れたのにー(人気先生で、空きが少ない彼女なのです)。

 思い返せば、ハワイイに来て、この手のお腹痛を経験するのは、3度目です。

 1度目は、Hawai'i islandに旅行したとき、Hiloで牡蠣フライ定食を満足に平らげたとき。

f0085850_1593319.jpg まさかこんなに立派な牡蠣フライ幕の内がいただけるとはびっくり。2人が広島出身、1人が山口出身広島在住長し、というメンバーは、もう有頂天。


f0085850_21192.jpg ひゃっほ〜〜ぅいっ!

 ・・・そして、その日の夜、私だけを襲った、お腹の激痛・・・。


 2度目は、Ys子さんが日本に本帰国!ということで、さよならディナーにベトナム料理。「マイラン」というT美さん行きつけの、有名店。一押しの蟹カレーは、絶品っ!その他のシーフードを贅沢に使った料理も、負けじと絶品っ!日頃、自分の手料理でこそこそと生きている私には、もう夢の世界!

 ・・・そして、その日の夜、私だけを襲った、お腹の激痛・・・。

 -->ここまでのまとめ「mameは、待ち合わせに遅刻したときに食べたシーフードにあたりやすい」(どっちの時も、遅刻したのです)

 3度目は、今・・・。28日に、T美さん、Prt、Jycと4人で、アリゾナ記念館とWaikele Outlet Mallに行きました。ランチは、T美さん一押し(また!)の、Oxtail soup。4人でご満悦。で、買い物後、家に帰る前に、"Like Like[リケリケ] dinners"で、ハワイイ名物「サイミン」と、Jyc一押しの「レモンケーキ」を頬張る。この辺りで、すでにお腹は苦しくなっていたけど、でも、おいしいし、食べる。

 ・・・そして、次の日から、お腹の激痛・・・。

 -->総合して「動物性タンパク質を、浮かれてたくさん食べると、お腹が痛くなる」

 元々、肉を食べないmameです。人と一緒だと、「たまには食べないと力が出んしねっ!」と食べたりします。で、これ(;_;)。元々小食なmameです。最近は、白菜3枚ともやし少々を茹でて、ポン酢でいただく、といのがブームでした。それで、お腹は満足。で、これ(;_;)。さらに、元々「牛が反芻しているのかと思った」と人に言わしめるほどの、遅食い。よい子は、よく噛んでいるのです。で、これ(;_;)。

 これからは、浮かれて、食べ過ぎないようにします。お肉も、気をつけて、small sizeを食べます。そして、よく噛みます。みんなについていけなくても、いいです。

 ハワイイ在住の方、mameが動物性タンパク質を前に、暴食をしていたら、止めてくださいね(自分で気をつけろって?)。
[PR]
by mamemama_blog | 2006-03-30 00:30 | 食べ物@Hawaiʻi

Kahuku Shrimp

'ôpae
1. general name for shrimp [海老の総称]
e.g. Aia nâ 'ôpae 'ula i nâ loko wai hapakai. (=The red shrimp are in the brackish water pond. [赤い海老ちゃんって、黒い池(泥沼)におるんよ。])

= = = = =
 もうすぐ日本に帰ってしまうT美さんを囲んで、というか、T美さんが主催してくださって、"Kahuku海老の夕べ"が開かれました。

f0085850_3341667.jpg こちらが、"Kahuku Shrimp"。

 頭付き、殻付きの海老ちゃんを、特製ガーリックソースに漬け込んで、頭をぎゅーぎゅー押して、おいしいスープを出してもらいながらフライパンで焼く、ハワイイの料理です。炊いたご飯と一緒にいただくのがハワイイの流儀。

(奥は私の持って行った、Papaya salad)

 最近、暑いです。1日キャンパスで勉強していると、もう、喉も渇いて、頭も疲れて、くたくたです。そこに、このKahuku海老&よく冷えたキ○ンビール&好きな人たち&おしゃべり。極楽です。毒もよく吐きましたが、毒を吐ける相手に散々毒を吐く、というのも、心の療養です。

 Kahuku shrimp、世界中のサーファーの夢の地、North Shore(オアフの北側)の名物料理です。あちらでは、このKahuku Shrimpを出すバンが道沿いに並び、へんてこな日本語で「海老→」と書いた看板を立てて、のほほんと客を誘っています。

 North Shoreとは、こんなところです。うふふ。また行きたいなー。
f0085850_346754.jpg

[PR]
by mamemama_blog | 2006-03-18 08:30 | 食べ物@Hawaiʻi

苺 from CA

 このブログでの、新企画を考えました。毎回、1つか2つか、もうちょっと、ハワイイ語の紹介をしたいと思います。

 記念すべき第1回目の言葉は、も・ち・ろ・ん!

aloha
1. love, greetings[愛、あいさつの言葉] 2. sympathy[共感] 3. farewell[お別れ] 4. to love[愛すること] 5. be loved[愛されること] 6. how sad[なんて悲しいこと]
e.g. "Aloha no au ia 'oe. (=I love you)"

もうひとつ!

mahalo
1. thanks[ありがとう] 2. respect[尊敬の気持ち]

 新しい言葉を学ぶとき、辞書の最後のほうの説明まで目を向けると、その言葉の持つ「心」が見えてくることがあります。特に挨拶の言葉だとそうですね(日本語の「ありがとう」も、「有り難う」にすると、そうですね)。alohaもmahaloも、「やあ!」「ありがとねー!」のように、挨拶の言葉として日常頻繁に使いますが、深いところまでみると、このような意味をもっています。

 alohaとは、とにかく「嬉しいことも、悲しいことも、心の底から気持ちを伝えること(軽い挨拶でも同じ!)」、mahaloとは、「相手を尊敬すること」。これ、Hawai‘ian spiritですね。

= = = = =
 最近しばらく風邪をひいていて、ビタミンを摂るべく果物をよく食べていました。で、買ったのがこちら。

近所のSAFEWAY(アメリカ全国チェーンの大型スーパー)で、なんと、1パック$1.88でした。1パックといっても、こちらの1パックはでかいですよー。で、中身もでかいですー。そして、形がすごいです。なんだかマッチョです。

 アメリカの子供たちに、苺の絵を描いてもらったら、一体どんな絵を描くのかな。なんて思いました。

f0085850_254879.jpg























(下の単3電池と比べてみてください)
[PR]
by mamemama_blog | 2006-03-07 07:15 | 食べ物@Hawaiʻi