タイランドと猫とわたし

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奇病つづく

kauka
1. doctor [医師]
kauka niho (=dentist [歯科医])
kauka holoholona (=vertinarian [獣医])

= = = = =
 数日前、「くちびるにできものができた」といった内容のことを書きました。最近、やっと治りました。まだちょっと変だけど、おおむね元の形になりました。

 ほ・・・っとしたのもつかの間。それと時を同じくして、右手の手の甲が化膿しはじめました。おまめが興奮して、にゃふっとひっかいたときにできた傷が最初です。そこが痒くなって、掻いて、掻いて・・・としていたら、なぜか左手の甲にも広がって、ぶつぶつができて、ぶつぶつが腫れて・・・。今では、手の形が変わってしまいました。

 幼少期、アトピーだったわたしは、センター街に行きつけの皮膚科がありまして、昨日の夕方そこにかけこんだけど、すでに閉まっていました。そして、次の日(今日)は休診日。オーマイゴッド。

 これから大学に行くので、診療室にでも行ってみようかな。

 大学構内の出張診療室は、なかなかおもしろくていいです。医学部関係者が来るのでしょうね。町医者と対処が違うの。専門的な、ややこしいことを、先生はやりたがる。

 二日酔いをして、頭痛薬をもらいに行ったら、「脳腫瘍かもしれない」と先生が言い出して、図を書いて説明してくれたり、時間をかけて「脳腫瘍チェック」をしてくれたりした。あの先生、手の甲まで毛がもじゃもじゃだったのを覚えています(ね、Tばっち)。

 今日も、もじゃもじゃ先生、おるかな。

f0085850_1141989.jpg なにはともあれ、この奇病、治りますように。毒があるなら、すっかり出してしまいたいものです。

(写真は、Manoa Fallsでみつけた、流血中の木。マイナスイオン満々な緑の中で、シュールな景色でした。)
[PR]
by mamemama_blog | 2006-08-29 11:08 | 風景@Hawaiʻi

でいごとわたしの縁

pua
1. flower [花]

= = = = =
 今日、自分の誕生花を知りました。一年365日には、それぞれ誕生花というのがあるようです。

 わたしの誕生花は、というと・・・

f0085850_18532181.jpg
 沖縄の県花、「でいご」でした。

 ・・・なんで?という気もしますが、でも、嬉しいです。

 わたしって、このように沖縄とつながっていたのですね。三線を始めたのも、偶然ではなく、運命的なものだったのかもしれません〜。なんて。


 この写真は、沖縄県のHPから拝借したものです。このページ、とても手が込んでいて、おもしろかったです。

 でいごに会いたいわー。
[PR]

翼を差し出す人

moe 'uhane
1. to dream, dream [夢を見ること、夢]

moeは、「ベッド」とか「眠る」とかいう意味。'uhaneは、「魂」とか「幽霊」とかいう意味です。

= = = = =
 この1週間。ひさしぶりに本業に戻っていました。

 広島県内各地のALT(Assistant language teachers)としてこれから任地に派遣される英語の先生(の卵)たちは、まず、ひとつところに集められて、日本語研修なるものを受けます。たった1週間ですが、ここで、生活会話を学んでいきます。そのうちのひとつのクラスを、わたしが担当しました。

 たった1週間の研修ですから、正確じゃなくてもいいし、文法なんて覚えなくてもいいです。これから彼らは、英語の表示もない、英語を話す人はもちろんいない、そんな中国地方ののどかな田舎に派遣されるのですから、とにかく、「日本語つかいたい」「日本語もっと勉強したい」と思ってもらえれば、それで最高なのです。ここで、ポジティブな態度を持ってもらって、これからもその態度を持ちながら、田舎で平和に幸せに生きていってほしいのです。

 楽しむことは生活の基本ですよねー。本業がうまくいくかどうかって、生活がきちんと平和に進められるかが、とても大切だと思うのです。心の問題です。ハワイイのサンライズなくしては、わたしのアイデンティティーは崩れていて、研究どころではなかったのかもしれないのです。

 それから、もうひとつ。彼らは、語学教師としては、新米さんでした。これからの自分の姿を、わたしという語学教師を通して、見てほしいと思いました。お手本にでも、反面教師にでも。

 最後に少し話しました。大変なこともあると思うけど、楽しいことも見つけながらがんばってね。子どもたちが、英語の勉強を通して将来の夢を持ってくれたらいいですね。みなさんが、それを手伝えたらいいですね。きっと、みなさんは素敵な先生になりますよ。などなど。

 一番近いスーパーまで車で40分、という村の小学校に派遣されるMrnさん。にこにこなつっこい彼が、子どもたちともみくちゃになってスキーをしている姿が目に浮かびます。「納豆」と「飲み放題」が大好きなMtさんは、気配り上手な頭の切れるムードメーカー。中学生を笑いの渦に巻き込みつつ、有機的な活動をどんどんやってくれそうです。その他、みなさん、本当に素敵な人たちでした。きっと素敵な先生になると、本当に思ったのですよ。

 「いってらっしゃい」と、指をクロスさせて分かれました。Syaさんが、すすすっと近くにやってきて、「すごい先生」と日本語で言いました。「言語のクラスは楽しいことが一番ね。楽しくなるかどうかは先生次第ね。あなたのおかげで、とても楽しかったわ。自分に英語教師なんかできるのかって、心配だったの。でも、わたし、がんばるわ」と(英語で)言いました。ふたりで、なんだかしばらく感動していました。ふふふ。冷静さを持っているとみせかけて、イギリス式ひねりの効いたジョークが大好きな、笑うと鼻にしわを寄せるSyaさん。絶対、すてきな先生になりますね。

 この仕事は、たくさんの人に出会えますが、その人たちはみんなわたしを利用して、どんどん羽ばたいていきます。わたしは通過点に過ぎません。でも、素敵に羽ばたけるように、お手伝いできたら、と思います。彼らも、英語の教師として、そういう気持ちを持ってくれたら、と思います。

f0085850_1558459.jpg


やっぱり、教室に立つのはおもしろいなー。どうしよう。一度教室に戻ったら、もう研究に戻れないんじゃなかろうか、と思った1週間でした。
[PR]

にゃんこパスポート

palapala ho'āpono
1. passport [パスポート]

= = = = =
 「動物用個体識別マイクロチップ」というのをご存知でしょうか?

 日本では、平成16年から導入され、災害などで迷い犬・猫を保護した際、日本国外との動物輸出入の際、個体識別、飼い主の特定などを行うことを目的に、普及が呼びかけられています。

 ごそごそと調べてみたところ、犬・猫の首根っこの後ろあたりに注射器のようなもので注入するようです。手術なんかじゃないんじゃね。なんだか簡単そう。

 行きつけの獣医さんに問い合わせて、うちの息子たんにもやってもらおうと思います。獣医さん、持ってるかな。注文したりして、時間がかかるのかな。お金いくらかな。はらはら。

 マレーシアから日本におまめを連れて帰ったとき、広島市に電話をして、「猫の登録をしたい」旨を伝えました。すると、「にゃんちゃんは登録の必要がないんですよー」との返事。「にゃんちゃん」と言いましたよ、あの男の人は・・・。というところはさておき、猫って、犬に比べて、まだまだ地位が低いです。輸入の際の検疫も、数年前にやっと犬と同じ扱いになったらしいし。

 人間にも、免許証やパスポートのような、身分を証明するものがあるのですから、猫や犬にあっても当然。首輪に縫いつけられた連絡先だけでは、頼りになりませんからねー。

 おまめー。パスポート取りに行こうねー。

f0085850_1255268.jpg






 痛いのいやだ。


 ・・・がんばれ、おまめ!
[PR]
by mamemama_blog | 2006-08-20 12:10 |

とばしてはいけません

pu'uwai
1. heart, lungs [心、心臓、肺]
haka(=heart-shaped [ハート型])

= = = = =
 細木数子の番組を観ました。ふーん、とか思いながら。

 母が持っていた本で調べたら、わたしは天王星人でした。大サッカイ(漢字がわからない)とか、そういうのは調べ忘れました。興味がないということでしょうか。

 細木数ちゃんは、言っていましたよ。占いなんていらなくなったら、それが一番なんだって。すがるもの、なんですね、占いって。

 路頭に迷っていてもよさそうな状況でありながら(貧乏で、でも無職だから)、本人はあまりそういう気がない、というここ最近のわたしです。心配するタイプではないのでしょうか。いや、前はそうでもなかった。変わったのかな。ひとまず、今は根拠もなく、なんだか前向きなのです。

 しかし、数ちゃんを観て、影響されて、少し「数ちゃん風」に考えてみました。

 数日前に、唇にできものができてしまいました。

 最近、毒づくことが多かったからだなー、と思いました。口が元凶なので、口に毒が戻ってきたのでしょう。

f0085850_22541193.jpg

 おとなしくなろう、ゆっくり周りを見て走ろう、と思いました。

[PR]
by mamemama_blog | 2006-08-18 22:55 | 風景@Hawaiʻi

8月のヒロシマ

maluhia
1. peace, quiet, security, safety [平和,静寂,安全]
E maluhia ka honua! (= Let there be peace on earth! [地球に平和を!])

= = = = =

f0085850_1416717.jpg 8月の広島市中心部は、ヒロシマになります。平和公園を中心に、観光客がたくさんやってきます。7月末あたりから、欧米人観光客がどやどやと増えてきて、8月6日前後にはピークに。今でも、多いです。みんな、真っ白な顔や手足を真っ赤にして、暑いヒロシマを歩いています。

 ワイキキより、絶対、欧米人率、高いです。

 さて、このなかで、アメリカ人率はどのくらいなのでしょーか?


 日本国内と国外を行き来するようになって、はじめて、自分がヒロシマの人間であることの意味がわかりました。爆心地も、平和公園も、すぐそこで、ヒバクシャとひとつ屋根の下で育った割には、実は、知らないことだらけで、ありゃりゃ、と思ったものです。「広島から来ました」と言って、怖がられたり、かわいそうがられたりして、??な気持ちになったことも少なくありません。

 こんな世界の中で、静かに、でも誰よりも強く、「平和」を訴えることができるのは、ヒロシマの力だと思います。自分でも、原爆ドームをふと目にして、ぞっとすることがあります。こんなに便利で発展した世界に、こんなに無惨な建物があることに。その景色は、日本社会に暮らす人の目には、全くもって現実的でないのですが、でも、現実なのです。本当に起こったのです。こういうことは、本当に起こってしまうのです。こんな景色が広がる場所は、今も世界にたくさんあるのです。

 先日、実に腹の立つことがあって、一晩中わたしは腹を立て続けていて、次の日になっても、またその次の日になっても、まだむかむかしていたのだけれど、平和公園に行ったら、落ち着きました。

Love and Peace.
Aloha a Maluhia.
[PR]
by mamemama_blog | 2006-08-14 14:24 | ヒロシマ

ちょっと宣伝

 mamemama,もうひとつblogを書いています。しばらくの間お休みしていたのですが、再開します。これまで見てくださっていた方も、あんまりに更新されないから購読を中止された方も、そして、見たことのない方も、ご興味がおありでしたら、「日本語の先生 研究ノート」まで。

 論文は、基本的に完成して、今は細かい訂正をしているところです。これから、無理のないペースで、修士論文を書くにあたって参考にした文献を、少しずつまとめていくつもりです。これからも読み返すであろう、お世話になる可能性のあるものを中心に。

 心理学研究(認知心理学,発達心理学,教育心理学)
 心理言語学
 
 などのフィールドで、量的研究を行っている論文が中心です。わたしのフィールドは日本語教育ですが、先行研究そのものは日本語教育に着目したものは入っていません。それを期待された方、すみません。

 しかし、日本語教育につながるであろうと思われる論文にあたっているつもりです。日本語教育とそれにかかわる研究について、外の視点から見ることに興味をお持ちの方、ご覧ください。

 mamemamaは研究ばっかりだ、と思った方、ちがいます。わたしは、教育にたずさわる人間です。研究も、教育現場のことを考えてしています。自分は、研究者ではないし、これからもそうはならないと思っています。

 それから、量的研究でしか、教育の現場に「もの」がいえないことは、山ほどあります。そして、研究の対象とされる人(「被験者」と、考察の対象とされる人)に対して真摯であろうとするなら、方法論として、非常に厳しくある必要があります。細かい点を、ちくちく批判してばかりいるように見えても、それは、論理の飛躍がないように、研究者の主観が入らないように、という、人を大切にする、その配慮があるからです。

 質的研究こそが人の内面を細かく見ることができる、という考えは、わたしは違うと思っています。

 ・・・こんなトーンのblogです。

以上
[PR]

Defense

ho'opau
1. finish [終わる,終える]

= = = = =
f0085850_0385226.jpg 「修士論文審査会」なるもの、おわり。

 おわった、おわった。
 
 あの席にいた方は知っている(感じた)と思いますが、非常になごやか、というか、カジュアルな空気のなか、わたしの口頭発表がおわりました。

 今日のような、学位の審査が絡んだ口頭発表をアメリカ英語でさて、なんと言うでしょー。


・・・・・
"Defense"です。「防御」です。すごいですねー。

 つまり、自分の論を攻撃から守る、納得させて主張を通す、ということなのでしょうが、さて、今日のわたしは、無事、守備ができたのでしょーか・・・。

 気持ちとしては、defense、というか、offenseだったんよね。「分かって」というか、「分かれっ」、だったんよね。

 ずっと、色んな人に「分からん」と言われ続けた、わたしの研究。審査する先生にも、分からん、と言われたわたしの研究(指導教官はもちろん分かっていたけど)。それを知っていながら、専門性は貫きたいな、という思いから、論文は、専門用語を使い、注にもせず、「その専門の人」を読み手に設定して、書いた。だって、そうでしょう。論文は残るものだから。

 そのかわり、今日の口頭発表では、できるだけ、ほんまに、できるだけ、やわらかく、平易に話したつもりだった・・・のです。あれが、限界です。

 でも、発表が終わり、質疑応答にうつって、「あー、分かってもらえてないな」という空気を、非常に、感じました。あーーー。だめだった。専門外の人に話すのって、大変。

 しかし、しかし。そんな「よく分からん」環境のなか、審査されるわたしの論文って、一体何なのでしょう。こんなに必死になって書いた論文。やった研究。穴も分かっているし、ぼろも知っているけど、それでも、それなりに結果は出したはず。

 わたしは、自分の研究が好きです。

 結局、「書けば」いいのかな。締め切りまでに、然るべきものを提出して、然るべきことをやって、という、そんなレールの上で、用事をこなせば、「修了」という場所まで運んでもらえることになっているのかな。

 一番最後が、一番大切だと思っていたのに、ぽかんと終わってしまったわたしの研究。謎。謎。分からん。だれかに評価してほしい。

 これから、英語で論文を書きます。元々そういうつもりでした。うちの講座が「日本語じゃないとだめ」というスタンスだったので、日本語で書いたのですが、これから、英語で書きます。そうしたら、英語圏の人にも見てもらえる。評価してもらえる。

 ということで、実はまだ終わっていない、わたしの修士論文戦争なのでした。

 でも、今日はきちんと寝ます。おやすみなさい。

(写真は、ハワイに行ってすぐ、Ywdeeと行ったManoa fallsでみつけた花です。何か、ちょっとでも、自分が結果を出せたとき、blogに載せようと、決めていた写真です)
[PR]