タイランドと猫とわたし

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いそがしいあいづち

 ときに、日本語母語の方と日本語で話すとき。気が付いた。というか、再認識した。

 特に話しはじめで、日本人というのは、なんだか忙しいものだ。あいづちが、多い。何回「うん」とか「はい」とかを言うのだろうか。しかも、連続的に、早く。頭も動く。小刻みに。

 わたしは、これをされると、とたんに、ものすごいスピードで、話す気が失せます。急降下、します。すとん、っと。

 ふつうだったら、ちょっと飾りもつけながら、話すところを、このような反応をされてしまうと、全く、必要最小限のことだけを口にするようになります。あんまりにも、「はい」が多いと、しばらく黙って、「話してもいいですか」とか聞いちゃいます。その「話してもいいですか」に、またまた「はい」がたっくさいついてくると、その「はい」が終わるまで、黙り込みます。

 話している途中に、「うん」や「はい」がいっぱい入る人もいるけど、そんな人と話すとき、わたしは、話している文を途中でとめてまで、それが終わり、静寂が訪れるのを待ちます。で、なにごともなかったように、また話す。で、また止まる。の繰り返し。

 だって、「人の話、聞く気ある?」って思う。キャッチボール、できんじゃんか。なんなんだ、日本人って!

 分かる?言っとること。
[PR]

ここはタイです

 お気に入りの金曜日の夜の過ごし方。

 家から歩いて2分のところにある、最寄りのレストラン。湖沿いで、風が気持ちが良い。そこに行くこと。そこで、ビールの大瓶をいただくこと。海老のすりつぶして揚げたやつ(名前まだ覚えてない)もいっしょにいただくこと。

 えぇ、ひとりですが、なにか?

 顔なじみの猫ちゃんがおるけど。
f0085850_23121714.jpg

湖からの風を受けながら、想像する。

 ここは、ワイキキかも。ビーチかも。ちょっと先には、レンタルのサーフボードが、がしがしっと砂にささってたりするかも。実はわたしも、海からあがったばかりで、かばんにはまだ濡れたままの水着が入ってたりするかも。そして、わたしの周りには、わたしの好きな人たちがいるかも。ただ話さなくても心地よいだけで・・・。

 それか、ここは空鞘橋のたもとあたりで、川は瀬戸内海に向かって穏やかに流れているかも。散歩中のおばさんとテリア犬がいたりするかも。もうちょっと歩いたら、家があって、家族がいるかも。

 ・・・などど想像する。

 そろそろ危ないのではないか?と思いますか?でも、家にこもって疲れをため込んでいるほうが、よっぽど危ないと思う。これ以上燃やすところがないくらい、毎週燃え尽きている。

 今日は、1日、日本語で言うところの「保護者面談」だった。日本語などの外国語科目は選択科目なので、そんなにシリアスではない。だから、やってくる保護者も多くない。ま、それでもねー、保護者って、子どもって・・・、疲れるー。

 わかった。わたしは、ものすごく、しゃべりたいんだ。日本語でもいい。自分のわかる言語なら。何か、出したいのに出し切れないものがあるんだ。

 そんなことを考えながら、飲むシンハービール。そして海老のすり身(だから、名前覚えてないんだってば)。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-23 23:19 | 風景@Thailand

教室の植物物語

 「物語」って言っても、2話しかないけど。

 この間、びっくりすることが起こりました。

 学校の先生の結婚式がありました。新婦先生は日本人。旦那様は中華系タイ人というカップル。中華、カソリック、タイ、の3種類の式をこなしたそうなのですが(すごい)、わたしは、夜のタイ式にだけお邪魔をしました。

 涙のスピーチ、ケーキカットなどなど、いろんなものがとりおこなわれ、最後に、お決まりのBride Tossing。新婦がブーケを後ろ向きになって投げました。

 えーーーーーーいっ!

 ・・・すると、ブーケは、ものすごい勢いでわたしの顔面を直撃。大きな穴を開けて、わたしの両手におさまりました。

 会場の学校の先生たちの間では、もう、それはそれは、格好の話題のタネとなりました。

 mameが結婚するよ! mameって恋人いるのかな? mameの恋人を探してあげないとっ! タイ語で「愛してます」って何ていうの? っていってもmameってまだ若すぎない? え、mameっていくつ?・・・はい。相変わらずの童顔ですが、30です。

 ブーケを教室に飾ってみました。
f0085850_331126.jpg

 わたしの教室は、ちょうど日本の小学校の先生のような状態。ひとつの教室に先生(わたし)ひとりがいて、先生は、そこで仕事も授業もする、という状態。で、教室のデコレーションは、自分のためにも、生徒のためにも、ときどきやってくる外部の人たち(保護者とか)のためにも、重要です。ちょっと淋しい教室だなー・・・と思っていたところだったので、ちょうどよかった!

 もちろん、生徒たちは大騒ぎです。

 mame先生、結婚するんだってーーーー!

 おいおいー。情報が乱れてるよー。

 「ねーねー、mame先生ってどんな人がタイプなの?」と、きゃっ、きゃっ、と騒ぐ6年生女子たちに聞かれ、「オダギリジョー」と言いたかったけど、あ、この子たち、絶対知らないよな、と思って、「Jonny Depp」と答えたわたしは、夢見がち症候群でしょうか?

= = = = =
 その日、軍部が現政権を批判するデモを突然行い、王宮周辺は騒然としていました。たまたま式場が、軍関係のイベント会場だったので、会場に入れない来客も続出(新郎側のタイ人さんは情報を持っていたので大丈夫だったけど、なにしろ、わたしたち学校関係者は、タイ語がわからない外国人だらけなので)。

 わたしが新婦だったら、絶対泣いてた。で、軍部を恨むよ。

 彼女が恨んでいたかどうかは分からないけど、とにかくすごい勢いでブーケを投げた新婦との証拠写真、小さいのを載せてみよう。
f0085850_3404233.jpg
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-23 03:46 | 楽しむ@Thailand

そろそろ

 涼しい季節もそろそろ終わりとのこと。

 毎日、鋭い日差しが照りつけている、我が村。路上生活をしているワンさんたちも、なかなか辛そうです。

f0085850_1234978.jpgあつーい。あつい。

日陰に入ると、風も涼しかったりする。

これが、郊外の村のよいところ。

花の鮮やかな彩りも、日差しによく合う。

これも、のどかな村のよいところ。


 うちのリビングでは、扇風機が活躍していますが、そろそろ彼ひとりでは、耐えられなくなってきました。エアコン、つけるべきかー。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-18 12:08 | 風景@Thailand

楽なほうがいい

 ひとりごと。

 しんどいのと、楽なのとでは、もちろん楽なほうがいい。

 「いつかは楽になるからね」と自分に言い聞かせて、たしかにいつか楽にはなるんだろうなー、という漠然とした予想はあっても、でも、その「いつか」は、近い未来でないと、やっぱり嫌だ。

 剣道とか、空手とか、精神鍛錬のものをやっていたら、そのあたり、もっと自分に強い人間になれたのか。わたしは、ピアノ。西洋音楽。だから、鍛えられてません。今すぐに、楽にならないと、嫌だ。

 だから、いい加減、この仕事も向いてないよなー。やめたいなー。やめるべきだよなー。と、しみじみ思うときが、最近多いです。

 「日本語教えるって、楽しい!」
 「日本語教師になりたい!」

 そんな言葉をきらきら言う人がいるけど、ほんと、インタビューしたいわ。『月刊日本語』でも読んだら、いいこと書いてあるかしら。日本語教師養成通信講座の広告とか見たら、ステキなことが書いてあるかしら。いつだかの『日経○ーマン』の、「憧れる職業ナンバー10」のかなり上位に、「教師」がランクインしていたけど、それは「知らない人」だから言えることだと、わたしは思う。じゃあ、あなた、やってごらんなさいな。

 わたし、できないわけじゃないですよ。だって、今まで、もう何年もやってきた仕事だもの。でも、comfortableではない。仕事が終わって、職場を離れたら、もうそのことは考えなくていい。次に仕事が始まるのは、職場に行ってから。行くまでに準備する必要はない。そんな仕事がいいのです。”この業界”での、オフィスワークなんかが向いてそうー。

 仕事をしていても、離れても、人間試して試されて、自分と向き合って、反省して、叱咤して、激励して。おい、自分、ひとり何役やってるんだよ、と思う毎日。

 子ども相手に教えるようになって、しみじみ、このように思うようになりました。大人相手は、理屈や理論や、方法論や、技や、そんな知識の蓄積で、対処できるところが大きい。でも、子ども相手は、もう、人間試されてるとしか思えない。知識は、二の次。えー、わたしの武器だったのに。知識。

 そして、試された結果、やっぱり、わたしは、人間的に向いてないことが分かった。じゃあ、どんな人が向いてるのか、というと、本当に人間的にできてる人か、人間的にできてないけど気にしない人か、もしくは、できてるとかできてないとか、そんなことすら気にしない人が、向いていると思います。わたしは、「人間ができてないとだめ」と思うタイプだし、そして、人間もできてない。だから、こんな、人間そのものを試される仕事は向いてない。やる前からわかっていたけどー。子どもが自分に向いてないことなんて。ばかばかばかばか。

 人間試される仕事って、しんどいです。人間、いいところも、悪いところも、どちらもあるものだ、というけれど、わたしに限っては、いいところってないんじゃないかと思います。できてるっぽい人間を演じることはできる。これまで、してきた。でもね、しんどいでしょ、こういうの。結局、演じていることはばれてしまうしね、簡単に。

 明日は、また正反対のことを思っている可能性大。とはいえ、そんなに揺れが激しいってのも、やっぱり、しんどいよねー。人生、そんなにドラマティックじゃなくて、いい。淡々と喜びがあって、淡々と学んで、淡々と本を読んで、淡々と猫と遊びたい。

 今までも、こんなことを漠然と思ってきたけど、今日、たったひとつの出来事があって、たったそれだけで、もう、ずっと、考えっぱなし。で、言葉にしてみた。たったひとつなのに。ほんの数分のことなのに。

 しかも、こんなに考えるのは、もう日常茶飯事だし。ますます、しんどいでしょ。

 いやいや、わたしの仕事のほうがしんどいですよーって方、いたら、ほんと、教えてください。楽になれそう。

 まとまりのないひとりごと、以上。
[PR]

まだまだ昼下がりのおまめ

 ちょっとして、また覗いてみましたら・・・。

f0085850_0442349.jpgまだはみ出してました。

やや、形も違う・・・。

でも、四肢のくるりっとなるのは、相変わらずの様子。


 近づいてみると・・・

f0085850_0451783.jpg
(むにゅにゅー)

 あ、見つけました。おまめのつむじ@脇の下

f0085850_0464069.jpg3年近く一緒に暮らしていても、知らないことって、いっぱいあるものです。


= = = = =
 セメスター制のうちの学校。ひとつのセメスターをさらに分けて、それを「クオーター」と呼ぶのですが、今週の水曜日が、3rd クオーターの最終日。成績表を提出しないといけません。成績のアルファベットだけでなく、文章によるコメントも。59人分・・・。

 コメント書きがやっと終わったかと思うと、次なる難関。学校の信頼にも関わるので、全てのコメントは、母語話者にチェックされます。2回。そして、訂正をちょこちょこと行って、データを学校に送る。こういうのって、なんだか疲れるわー。しかたないけど。わたしは、英語の母語話者ではない。

 チェックされたのが返ってきたら返ってきたで、訂正されている箇所をみるにつけ「くっそー、なんでこんな簡単なことを!」と思ってしまう性分で、きちんとその訂正シートは、間違いの傾向を分析、保管し、来クオーターに備えたわたしでした。こんな性分だから、疲れるのかな?

 近々、その成績表を持って、生徒の親御さんが面談にやってきます。あーでこーでと、言いたいことがたくさん。でも、親御さんのほうが、もっと、言いたいことがたくさんあるはず。精魂尽き果てそうな1日です。あー、こわ。

 教師の仕事は、授業をするだけではない。いろんな仕事があるものですわ。

 倒れませんように・・・と祈るばかりです。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-13 01:17 |

昼下がりのおまめ

 ある週末の昼下がり、メインのベッドルームに入って目にした光景。

f0085850_2134396.jpgおっと。
猫さんがお休み中でした。

なんだか、はみ出ているような・・・。

それにしても、白いバックによく映える黒猫さんです。


 あ、起こしてしまった?

f0085850_2153538.jpg
(むにゅにゅー)

 おまめさんっ。目がこわいですよっ。

f0085850_2162842.jpg
(きりっ!)

 いつもの真顔に戻ったおまめです。顔は戻っても、手(前足)は寝てるときのままです(四肢をこのように丸めて眠るくせあり)。モデル猫への道は、まだまだ険しい!

= = = = =
 ふと気が付くと、このblogも1周年を迎えました。そうそう、1年前の啓蟄(けいちつ)の日にハワイイで始めたのでした。相変わらず、「啓蟄だなー」なんてとてもとても実感できないような気候の土地にいますが、心新たに、がんばろうと思います。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-08 02:21 |

カノム・トキヨー

 うちの路地には、毎日、決まった時間にいろんな物売りさんが通ります。カノム・トキヨーのおじさんも、そのひとり。

f0085850_083818.jpg

 (タイ語が読める人、どうぞ。)

 ちなみに、背景の白い壁の家が、我が家です(わかりにくいって?)。このおじさん、パフパフーと、何かを鳴らしながらやってきて、おもむろにうちの家の前で止まる。で、近所の人々がわらわらとやってくる。

f0085850_0111477.jpg こんな風に素朴に焼き上がります。お向かいのおにーちゃんは、ソーセージ巻きが好きなんだって。

 わたしも買いました。

 卵落とすだけのやつ×1
 卵を崩すやつ×1
 カスタード×2  

 の計4つをタイ語とジェスチャーで注文。

 す・る・と・・・


 おぉー、こんなキュートな紙袋に入れてくれるのです!わんこですよ。
f0085850_0122382.jpg


 さてさて、開けてみましょー。ちゃらら〜ん。
 ん!?ひとつ、ぷっくらしとるのがおるっ!?
f0085850_0141433.jpg


f0085850_015446.jpg

 ソーセージ巻きが紛れ込んでました。タイ語会話、失敗・・・。

 4つ買って10B、という値段設定が謎です。どれが、いくらなのか?カノム・トキヨー(東京お菓子?)というそのネーミングも謎。そう呼ばれる所以をおじさんに群がる近所の人に聞いたけど、そこまでの英語会話も、タイ語会話も実現しませんでした・・・。

 ワンちゃん紙袋、捨てられなくて、とってあります。だって、かわいい。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-03-04 00:28 | 食べ物@Thailand