タイランドと猫とわたし

<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いってきます

沖縄にいってきます。
そのあと、東京と横浜。

小型スーツケース(コロ付き)を、義兄に借りました。
始めて使うー。これで、空港でこなれた動きができるかなー。
バックパックのうろうろは、今回は、おあずけ。

いってきます。ごろごろ。
[PR]

おまめ?

 ただいま、夜中の2:30am。作業をしていたRoyal Hostから追い出されたのです。あのひとたちって、2amに閉まるんだって。24H営業かと思っとった。

 なんの作業かって、それは、来月のMAPLLのproceedingを書いているのです。ぱっぱとできるかな、なんんて思っていましたが、浅はかでした。もー、熟考、熟考、また、熟考。どーしてこんなにかんがえることがあるの?

 ということで、「きりのいいところまで」と思って始めた作業は、「きりのいいところ」に近づけず、こんな時間を迎えてしまっているのです。懐かしや、大学院生の、超不健康生活。

 でね、今、実家のリビングでぱたぱた作業をしているのですが、どうも、どうも、気になることが。

 うちの玄関ホールは、センサーランプ(っていうのかな?)で、誰かがいると、カチッ、と明かりがつくしくみ。それが、さっきから、たまーに、つく。

 タイランドに引っ越す前、今のように深夜活動をする大学院生だったころは、そういえば、よくこんなことがあったな。でも、それは、おまめがいたから。おまめは、母の出す物音で寝られなくて、ふと深夜、ボール遊びを突然始めて、よく、収拾がつかなくなっていた。

 おまめ、元気かな?ときどき、こっちに、飛んできてるのかな?
[PR]
by mamemama_blog | 2007-06-19 02:41 |

かんがえるわたし

 なんだかいろんなことをかんがえた。

 来月の学会発表のproceedingを書きながら、かんがえた。

 タイの同僚先生カップル、アンドその妹さん(みんなアメリカ人)が広島に遊びに来てくれて、平和公園に行ったりした。色々説明しているうちに、なんだか、いろんなことをかんがえた。「悲しすぎる」、と、Alxsがぽおぽろと流す涙を見て、またかんがえた。

 3人を連れて、よく行くお店に行って、「あー、いつも学校で友達みたいに、仲良くさせてもらってるけど、で、今もまさに友だちとしてうろうろしてるんだけど、でも、なーんか、違うなー、今はどうしてこんなに特別なんじゃろ」、と、かんがえた。

 で、とつぜん、広島の川沿いを車で走りながら、教師になる人、について、かんがえた。

 何をかんがえたか、それを書いたらとってもとっても長くなって、明日の朝8:30amに、彼らを迎えに行くことができなくなりそうなので、書くまい。でも、かんがえたんよ、いろいろ。なんかね、かんがえるんよ、いろいろ。こんなに、かんがえ虫の自分が、いやだわー。貧乏性にちがいない。

 さて、proceedingを書かねば。・・・って、やっぱり寝んのんね、あんた。
[PR]

この1年これからの1年

 じゃーん。誕生日、じゃもんねー。

 一年前、ハワイイから帰ってきて、そして、誕生日を迎えた。1年経った今は、またもや、日本国外から、生まれ育った広島市に帰り、誕生日を迎えています。人生どうなるやら、分からんもんじゃ。

 久しぶりにお邪魔した、横川三線教室のみなさんに、ハッピーバースデーを歌っていただきました。えへ。

 今日、教室には、実は~な、カップルがいたことが分かって、しかも、結婚真近で、さらには、結婚後は沖縄移住(?)ということで、実は、そっちのほうが「おめでとう!」なんじゃないか、とも思いますが。すみません。あやからせてください。なむなむ。

 帰り道、大好きな広島の川沿いの道を歩きながら思う。片手には、借りた三線。

 この1年、どうだったじゃろう?これから1年、どんなんじゃろう?

 わたしは、1年分、年をとったかなー。この1年のあいだ、わたしは、どれほど、だれかに何かを渡せただろう。わたしという人と、だれかとの笑顔が、どれだけ関われただろう。

 なんだか、30歳になって、「どれだけ大きくなったか」ではなくて、そんな風に考えるようになったのです。大きくなろうなんて思うことが、間違いだったことに気がついた、のか。

 ち・な・み・に、日本に帰ってきたのは、関西国際空港じゃったけど、税関で、パスポートをチェックする担当官に、「お仕事ですか?」って言われたー!で、「はい」って言ったー!

 これは、わたしにはすごいことなのだ。これまで、日本国外の長期滞在から帰ってきたときは、「留学ですか?」だった。それが、やっと、社会人に、みなされるようになった!

 喜ぶべきか。そうだ、喜ぶべきだ。
[PR]

お寺の猫たちに会えなくなった

 日本です。寒いわー。

= = = = =
 帰国の前日も、お寺の猫たちに会いに行きました。そうそう。学校がholidayに入ってから、朝の涼しいうちに行けるし、何より、時間がたっぷり使えるので、ますます念入りにケアをしているのです。

 元気になっている猫を見つけて、念押しに手当をして、喜ぶ。まだまだ具合の悪い猫を見つけて、丁寧に手当をして、しばらく抱いて、励ます。見あたらない猫に気が付いて、どこか出かけているだけでありますように、と、心の中で手を合わせる。

 
f0085850_11491654.jpg


 この子猫たち、このころは4匹。少し前、近所の子どもたちが、作業をしているわたしを呼ぶので行ってみると、この4匹のなかの1匹が、悲しい姿で死んでいた。本当に、悲しくて、悔しい姿だった。残りの3匹は、そのすぐ横で、普通にしていた。

そして、考える。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-06-14 12:19 |

日本に帰るっ

 明日、日本に帰ります。帰国の間の日程は、こんな感じです。

  13日関空着-->Middle Schoolの友だち(Br&Dns)と関西で会うかも
   -->Br&Dnsを連れて15日午後広島着-->Br&Dnsと広島をうろうろ
   -->学会の準備をしながら三線の練習に励む-->21日福岡から沖縄
   -->22,23,24日とコンクール-->25日から石垣-->27日に東京へ
   -->遊んで、人に会って-->30日に広島へ

 あー、なんか、ここまで、怒濤の日々です。
 また、ぎゅうぎゅうに予定入れてっ、と、また誰かから怒られそうです。

 その後は、7月14,15日の学会の準備と、勉強と、友だちと会うのと、広島とを、満喫するのです。今のところ、7月18日にバンコクに戻る予定です。

 mamemamaの行く先にいらっしゃる方、遊ぼーね、の連絡、待ってますー。
[PR]

ヨウツウ!!!

 タイランドに引っ越して、早半年近く。本日、学校、いよいよ終了。悩みや愚痴などの「こころ」の不健康も続いたけれど、思えば、色んな病気、怪我の「からだ」の不調も乗り越えて、今の日を迎えています。ぱちぱち。

 あー、あと一週間で、日本に帰ります。飛行機も取って、明日、街まで行って支払い。

 無事キャットシッターも見つかり(にやり)、お土産リストとにらめっこして、部屋の模様替えなども今更やって、もそもそと、一ヶ月の日本滞在、アンド、タイランド留守に控えています。

 そんな今、最も頭を悩ませていること。

 ヨウツウ。。。

 一週間前、病院に行ったら、「筋肉痛じゃない?咳のしすぎ」と言われ、筋肉痛の薬を処方されました。そして、治らず(この先生は、英語もあやしくて、なんだか不安だった)。

 健康保険のない日本で、しかし、技術の高い日本で、医師にかかるか、それとも、保険のあるタイランドで、しかし、出会う医師の腕も賭けに近いタイランドで、医師にかかるか・・・。

 頭の悩ませどころじゃわ。
[PR]

Kitty cat sitting

 少し前のことですが、うちの学校のElementary Schoolの教室から、「ミャウ、ミャウ」が聞こえる、と子どもたちが気づき、用務員さんに頼んで屋根裏を覗くと、なんと、子猫がどっさり5匹!、というハプニングがありました。

 もちろん子猫たちの体調は最悪。5匹のうち、1匹はすでに失明。その猫は、発見者の先生が引き取ったらしいです。つづいて、2匹を子どもが親と一緒に連れて帰り、さて、あと2匹、となったところで、やはりElemantaryの先生、Ktyが「引き取るわ」と言い、無事、ハプニングは終了しました。

 で、そのKty。「かわいい、かわいい」と興奮しているものの、生後1ヶ月未満の子猫たちを置いて、「この週末ね、Hua Hinに行きたいんだ」なんて、言ってしまいます。いかーーーーーーーん!生後1ヶ月未満なんて、夜も起きて、数時間おきにミルクを与えないといけない頃。「でも、Hua Hinって行ったことないんだもん」と言うKty。どうも、諦める気はない様子・・・。

 mameamama、子猫たちを週末だけ引き取ってしまいました。どんな子かと言うと・・・

f0085850_3365653.jpg あっ、動いた!


f0085850_3375011.jpg うぅぅぅー、また。


f0085850_3382236.jpg ぶれるじゃんかー。


 しかし、かろうじて・・・

f0085850_33914100.jpg これが、トラ子


f0085850_3395728.jpg これが、サル子


 Ktyは、彼女らを"Little Tiger"、"Little Monkey"と呼んでいたけど、どうも長い!と思って、独断でわたくし、日本語で読んでました。

 何が大変って、彼女たちは、どうも躾がなっていなくて。わたくし、トイレの躾、ばっちりしましたよ。もー、Kty、適当すぎっ。ミルクも切らしているしっ。

 んじゃー、わたしが彼女たちにつきっきりだったか、というと、そうでもありません。彼女たちには、余っている寝室のひとつを与え、そこで寝泊まりしてもらいました。家の中に離すとね、おまめが大変なんですよ。わたし、おまめが「ううぅぅぅー」と警戒する(怒る?)声を出すのを聞いたのは2回目です(1回目は、ここに来て、獣医に突然肛門に体温計をぶすりっと刺されたとき)。

 おまめは、あんなに楽しみにしているはずのカリカリご飯も全く口をつけないし、トイレもしないし、ずっと、ベッドの下でうずくまっているし・・・。

 いくら子猫といえ、彼女たちは、わたしには二の次ですよ。おまめが一番。

 ということで、ほどほど面倒を見て、日曜の夜、Ktyに返しました。

 おまめが、このくらいだった頃は・・・

f0085850_3525090.jpg

 
 く、くろいっ。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-06-06 03:56 |

あらしだった

 金曜日、2nd セメスターの提出期限でした。57人分のコメントも書き、ふらふらで3pmに提出。・・・おわったー。

 金曜日の夕方は、我が村で、しかもわたしの行きつけの湖沿いのレストランで、Middle School の Year End Partyでした。今年で学校を去ってしまう先生もいるので、彼らの出発を祝す、という意味もあり。

 わたしは、Middle Schoolが大好き。Pre-K(幼稚園前)からHigh Schoolまで揃っているうちの学校で、一番こじんまりしているセクションらしいです。

 中庭を囲んで各教室が向かい合うドーナツ型の校舎では、廊下を歩く生徒も、先生も、よく見えます。だから、1階から階段を駆け上ってくる生徒に、4階のわたしの教室前から、「○○くん、単語帳忘れちゃだめよー」と叫んだり、1階でてくてく歩く先生と、4階の教室を出たわたしとで、「元気ー?ご飯食べたー?食べに行くー?」「行く行くー。降りておいでー」みたいな会話をしたりしているのです、わたしたち。

 みんな、なかよし。みんな、やさしい。みんな、親切。

 授業は火曜日まであります。まだ仕事は残っています。が、彼らがFをとりませんように・・・と祈りながら、はらはら授業を組み立てて、クイズを作って、それを採点して、というのは終わりました。

 この1ヶ月は、あらしだった。

 特に、この1週間は、竜巻だった。

 仕事量が半端でなかったのももちろんですが、例の寺の猫さんたちに会いにいったり、体を壊したけど病院にも行けず、という日々だったのです。

 そうそう、この1週間は、声が出なかったんですよー。そして、そのせいかどうか、ひどい腰痛・関節痛に悩まされて。

 今日は土曜日。久しぶりに、仕事に悩まされない週末。これから病院に行ってきます。
f0085850_10113466.jpg


 この1ヶ月間、村で咲き誇っていた花。でいご???ちがう???この木は村にたくさんあるけれど、ここのお宅の木が一番きれいだ、と村人の間では評判です。
[PR]