タイランドと猫とわたし

<   2007年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

『容疑者xの献身』東野圭吾

f0085850_15814.jpg じゅんじちゃんに借りて、一気に読んでしまった(じゅんじちゃん、ありがとう)。どんどん読み進んで行くんじゃけど、残りのページがやはりどんどん少なくなっていって、それが気になって、えー、終わらんで、もっと読みたいよー、読みたいよーぉーーー、と言っている間に、すごい勢いでクライマックスを迎えて、なんだか、ぽっかりした読後感です。って、わからんか。


 最後がなんだか、薄かった。早かった。それまでが、緻密で濃かったから、そう感じるのかな。石神が、ああいった行為に出て、それから自分のしたこと、そして彼女たちにとっての自分自身を振り返るところの心理を、もっと知りたかった。こんな自分をどう思っているのか、そこをもっと知りたかったなぁ。そしたら、最後で、もっと、どすーんと、落ちるんだけど。

 と、えらそーに言えるほど、わたしは読書家ではないのですがね。

 湯川教授シリーズ、読みたおさねば。おっとー。ここはバンコク。誰か貸してください。涙。

 この教授、映画化するとしたら、誰がするかね?佐藤浩一?

(この本の冒頭部分を読んでいて、あれ?わたし、これ、読んだことあるよ、と思ったのです。でも、冒頭部だけだった。本当にどこかで読んだのかな。でも、この本自体、手に持ったのが初めての気がするし、わたしが、『オール讀物』をどこかで読んでいるとは思えないし・・・。何かとかぶってたりする?実家にあったんかね?おかーさん)
[PR]

Pet Expo Thailand 2007

 Pet Expo Thailand 2007!!!

 ぜったい、行く!!!

f0085850_1552881.gif

[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-28 01:55 |

Pay Day!!!

 今日はめでたい給料日♪学校に行ったら(今日も行ってしまった)、給与明細がmail boxに入っていて、ちょうど居合わせて、もちろん同じ心境だったKvnと、タラリータッタラリーと、仲良く踊りました。

 今、わたしが欲しいものはね。

 車(オートマチックじゃないとだめ)
 ピアノ(アップライドでもまーいいか)
 ピンク色のハイビスカスの株と鉢(3株はいるね)
 テレビ(薄型がいい)
 オーブン(レンジ機能付きでクッキーが焼けないとだめ)
 炊飯器(タイマーはほしいなー)
 ソファー(ごろりっと横になれるぐらいのサイズ)

 といったように、高額な商品がめじろおしです。すごいねー。歳をとると、ほしいものの値段がかわいくなくなってくる。

 この中で、ほしいものランキングの第一位に輝くのは、です!しかしっ!買えない!いくらなんでも、買えんわー!まだ・・・。

 そんな車に僅差で2位にいるのは、ソファです。

 学校からくったくたに疲れて帰ってきたとき、それでもまだ仕事があったりするとき、ダイニングテーブルに備え付けの、固ーい普通の椅子で作業をしています。これじゃ、ますます体は疲れるばかり。なにより、床からけっこう高さがあるから、甘えてくるおまめに対処ができないっ!

 ということで、今日は、ソファーを探すべく、最寄りのショッピングコンプレックス、The Mall Bang Kapiに足を運びましたよ。

 いっぱいある中、気に入ったもの数点を写真に撮って帰りました。今、家で、ビール飲みながら見比べてます。ビールのお供は、健康なんだか不健康なんだか分からないお手軽メニュー、セロリのピーナッツバターのせです。ハワイイでは定番おつまみだったんですがね。タイのピーナッツバターは、アメリカ製にジャンク度でどうやってもかなわなくて、今ひとつ、お行儀がよろしくて、物足りないです。

 ・・・という話ではなくて。

 今の候補は、この2点に絞られました。

f0085850_23491041.jpg

 全体的に、とってもすっきり。物理的にも、雰囲気的にも、部屋のじゃまにならなくて、よさそう。この写真では、右側だけなってるけど、実は左右両方のひじかけが、ぐにゅーんとそれぞれ前に伸びて、足置きになるんだって。すごいね。ソファーベッドなので、何かのときには、ベッドとして活躍するかな。

f0085850_2351986.jpg

 この、しっかりした感じ。なんだか気の抜けた、真っ白な我が宅に合うのかな?と疑問に思いつつ、でも、その面積の広さにめろめろ。こりゃ、かーなーりーごろごろできるー。もとが大変かわいくないお値段な、「いいモノ」らしいけど、Promotionで安くなってた。背もたれに厚みがあるから、おまめが歩いたり、寝たりできて、それも、いい。

 いずれも、もちろん、買い物としてはかなり高額です。ソファなんて、この人生で買ったことないよ。もっと安いものは、いっぱいあったよ。でも、今後の、自分の健康のための投資なので、やはり、安物買いはしたくない。しかし、だから、やっぱり迷う〜。

 買い物、そんなに悩まないほうなんですが、これは、やっぱり迷うな。

 どー思う?
[PR]

旅に出るか

 久しぶりに学校に行きました。Summer schoolをやっているはずなんだけど、それにしても、大変静かでした。子どももいない。先生もいない。昨年度、わたしの教室は、何度か雨漏りに見舞われましたが、どうやら、屋根の工事が行われていて、よかったです。

 昨年度の教室から、同じ階の別の教室に来年度から引っ越します。引っ越したばかりで、部屋はぐちゃぐちゃ。片付けの他にも、やりたいことは山ほど。だって、昨年度できなかったことで、今年度できることがたくさんある。引っ越し先の部屋は、前、数学のMr. Knが使っていたもので、備え付けのプロジェクターがある。プロジェクターを使った授業ができる!やりたいことは、いろいろ。

 とはいっても・・・・まだ、まだ、夏休み。子どもたちが帰ってくるのは、8月9日です。

 「何やってるの?」

 と、出会ったタイ人スタッフに聞かれました。ええ、わたしも、自分に同じ質問してました。「何しよん?」

 セメスターが始まったら、また、どうせ狂ったような忙しさ。ゆっくりできるのは今しかないんじゃもんねー・・・。部屋をほどほど片付けたら、どこか旅にまた行きたいなー。とつぶやいたら、「行け、行け。行ったらいいよ。」と、事務方のArが言いました。

 Air Asiaのページをうろうろしていたら、チェンマイに行くより、ヤンゴンに行った方が安いことが分かったり。すごくない?ちなみに、片道990バーツでした。んー、3,500円ぐらい?

 3週間前は、ここに行ったんでした。さて、どこでしょう?日本ですよ。
f0085850_2513913.jpg

[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-26 02:54 |

クイッティヤオ・センレック・ペッ・ナムサイ

 今日は、なんだか濃い1日でした。

 出かけた大きな目的は3つ。1つ目。日本大使館領事部に行って、在留届を出すこと。2つ目。そこで預かってもらっていた、Kuala Lumpurの大使館で発行してもらった、かの「無犯罪証明書」を受け取ること。3つ目。Bang & Olfsenのイヤホンを修理に出すこと。

 大使館は、LumpiniからWitthayu通りを北に少しあがったところ。B&Oの修理デスクも、Witthayu沿いのAll Seasons Placesにあったので、まとめて用事を済ませることにしたのです。

 バンコクの在タイ大使館に足を運ぶのは、今日が初めてでした。KLの大使館には、何度か行ったけどね。KLのに比べ、こちらは、セキュリティーが、ゆるーゆるーーー、でした。KLで厳しかったのは、やっぱり、イスラム教国だからなのかな。

 人もすくなくて、さっさと用事が済みました。約半年前、騒ぎに騒いだ「無犯罪証明書」は、今や行き場のない紙切れと化しています(分かる人には分かる)。「開封厳禁」って判が押してあるけど、んーーー、開けたい。開けてもいいんじゃない?

 とか思いながら、WitthayuをSukhumvitに北上。途中でお腹が空いたので、屋台に立ち寄りました。慣れないところでいい屋台に出会うには、客の多いところを探すこと。

f0085850_0563885.jpg

(日付を入れて撮ってしまった・・・)

 屋台にころがる、鶏かあひるの肉らしきものを指して、「マイ・サイ・アンニー・カー!」って言ったけど、これは通じず。肉が入れられてしまった。涙。でも、もやしのかごを指して、「サイ・アンニー・カー!」って言ったら、これは成功。山盛りのもやしです。

 在タイ6ヶ月のmamemama。こんなんで毎日生きてます。かろうじて。

 その後は、「日本式指圧」をうたう”あんまや”で、90分しこたまツボを押され、Emporiumで化粧品を10%offで買い(来学期からは、化粧をすることに決めた)、Thong Lo まで歩いて屋台で携帯電話ケースを買いました。

 実は今日、タクシーを使わない。と決めたのです。

 行きはよかった。朝のさわやかな時間で、渋滞もなくて、村から1時間強で着きました。

 帰りが地獄だった。エアコンなしのバスを乗り継いで、2時間半かかった。汗だく。家に帰って、顔の汗を拭いたら、ティッシュが黒かった。鼻をかんだら、黒いモノが出てきた・・・。夕方のラッシュ時は、タクシーに乗ろう、と誓いました。

 あー、長い1日だった。今は家で、復活したおまめとまったりです。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-25 01:11 | 食べ物@Thailand

おまめは

 おまめは大丈夫でしたー。ご心配をかけました。

= = = = =
 村の動物病院に、9:30amきっかりに届けました。おまめは、布製の猫キャリーバックに入れて、わたしが肩にかけて、自転車こいで行きました。

 んー。んんんんーーーー。重いっ!

 と思って大汗かいて病院につきました。案の定、おまめ、重かったです。体重計は、6 kgと言ってました。体重計、ウソツカナイ。

 今日の担当は、日本語がちょぴっとだけ話せる女性の獣医さんでした。おまめに、「オナマエハ?」と聞いてました。笑。獣医さんもなかなかで、6kgのおまめを、ひょひょいひょい、っと持ち上げて、いろいろアクロバティックな格好をさせて、診断。「骨は大丈夫」

 ほっ。

 続いて、肉球診断。両前足の肉球を、ぷにぷにぷに、っとすると、「化膿してるかも」。だって。

 た・し・か・にー、おまめの肉球、一部がぷくっとなってます。

 「なんで化膿したんでしょ?」と聞いたら、彼女、「舐めすぎ」、と言いました。な、なな、なんだっ!すごいな、その理由。

 結局、化膿止めと、痛み止めをもらって、帰りました。獣医さん、会計で、「・・・・・・・」とうなっているので、「???」と思っていると、「キュウ・・・ジュウ・・・ロ・ク デス!」と言いました。

 ありがとうございます。96バーツ(安いなー)払って、また6kgのかばんを肩にしょって帰りました。

 おまめ、まだひょっこひょっこしてます。朝のお目覚め攻撃も、いつもは両前足に全体重をかけて、わたしの肋骨を押す、という技に出ます。でも、今朝も、まだ前足が痛いのか、ふわふわの手の先っぽで、ちょいちょい、と顔をなでるだけでした。かわいそうに。起こされる身としては、チークブラシっぽい、気持ちいい肌触りで、大変ありがたいんですがね。

f0085850_16554370.jpg

 バスルームを掃除していたら、洗面台まで上がってきて、丸くなってました。こんなところに上がる元気はあるんじゃねー。

 mamemamaがタイランドに帰ってきて、甘えん坊っぷりに拍車がかかったおまめです。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-23 16:58 |

おまめが

 今朝からおまめがおかしいです。右前足を浮かせて、ひょっこひょっこ歩きます。

 村の動物病院が開くのは、9:30am。今は8:00am。はらはら。
[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-22 10:25 |

だから発表したんだってば

 今、Bangkokです。さっき晩ご飯を食べに近所の屋台に行っていましたら、食べている間に雨に降られてしまいました。雨といっても、こちらの雨期の雨は、並大抵の雨ではなくて。道は川になり、5m先も何も見えない。雨期だってことを、日本に帰っている間にちょろりっと忘れていたわたしは、傘も持たず、自転車で身軽に出かけてしまっていました。

 ちょっと服を着て泳いでたんですよ、はは。

 と言えるぐらい、びっしょりになって帰宅しました。玄関まで迎えてくれた、かわいいかわいいおまめには、30cmぐらい(猫の30cmは長いよ)ひかれました。

 ・・・ということは本題ではないのだ。

= = = = =
 先日、mamemamaが無事学会デビューした証拠写真です。

こちら
[PR]

新たな旅の伴侶

 スーツケースを使うようになって、実はそんなに長くありません。海外に足を運ぶようになってしばらくは、ずっと、バックパックでしたから。マレーシアに引っ越す、と決まったとき、やっと、さて、スーツケースがないぞ。と思ったのでした。

 それが、2004年、今から3年前のこと。

 当時、もちろんお金はなくて、時間と労力は惜しまずとも、金は惜しみに惜しむ状態。広告の隅から探し出した、郊外のセカンドハンドショップに車を飛ばして、スーツケースを探しに行きました。

 そして、あった。すごくでかくて、すごく古いのが。鍵はかろうじてOK。中も汚い。キャスターも、がたがきてる。ただし・・・4,000円!というのが。

 その子を買って帰り、そして、今まで3年間、お世話になっていたのです。実は、初めて使った日からめでたくキャスターが死にました。その後、いろいろな空港で、不可思議な動きをとっていました。まっすぐ進めないので、弧を描きながら目的地(チェックインカウンターとか)に向かう、など。

 それでも、どうせ使うのって1年に数回だけだし、使っている時間のうちほとんどは飛行機の中で転がっているわけだし、捨てることもできず、そのままでした。

 今回の帰国でも登場したその子。しかし、到着した広島空港で、ついに、息をひきとったことがしっかりと確認されました。

 高速バスに荷物を運び込むおじさんが、目撃者でした。「コロが埋まっとりますよ。」

 ・・・?・・・!!!

 何かに、どこかで、強くぶつけられたのか、高いところから落とされたのか、4つあるコロのうち1つが、ケースの中に埋まっていました。つまり、底をびちやぶって、穴を開いているわけね。あー、どーりで、動きにくかったわけだ。ご臨終。いや、彼は、全力で私のうろうろにつきあってくれた。ありがとうを言わないと。なむなむ(お経?)。

 mamemama、18日にタイランドに帰ります。そう。彼の死後、ニュージェネレーションが必要となったのです。

 当時より、ややお金ができました。それに、できるだけ快適に移動をしたいという欲も出てきました。弧を描くのが恥ずかしいという乙女心も出てきました。これから、もう、スーツケースは、毎年登場するアイテムになりそうだし。

 ということで、今回、購入したのが、こちら。

ちゃらーん
[PR]
by mamemama_blog | 2007-07-17 02:53 |

人生初のあとのジェントルマンと平井堅

 人生初の学会発表が終わりました。思ったよりも、アットホームで、そして、5分の、全体に対するShort presentation以外は、英語で話す必要がなかった。なんだ。

 どうだったか、もうちょっと、噛みしめて、出てきたら、書こう。

 それよりね、学会が終わって、ハワイ大学から来ていた方々を送っていたのです。そうしたら、ひとりの女性が、「じゃ、ここで」と、ひとりで違う道を帰り始めました。9pmぐらいで、もう暗くて。そしたら、ひとりの男性が言いました。「大丈夫?」って。最初、なんのことかわからんかった。酔ってるのかな。道に迷いそうとかかな。

 そうじゃなくて、女の子がひとり、暗い中歩くことについて、でした。

 そっかー。UH(ハワイ大学のことね)のキャンパスは、夜歩くの、危なかった。パトロールさんがおって、ゴーカートみたいなんで、うろうろしとったわ。

 そのことを思い出したのも、ノスタルジックだし、そういう言葉をかけてもらうこと(わたしに、じゃなかったけど)についても、感動でした。ジェントルマンじゃ。いや、そんな言葉をかけないといけない、という状況は、全くいいことではないのだけれど、誰かに心配される、というのは、いいなと思ったのです。

 その方々を送って、2号線を、平井堅かけて、熱唱しながら運転して帰りました。学会終わって、熱唱できるって、そういうときに、ちょうど平井堅が車の中にあるって、なんだか、いいな、と思いました。

 あ、母に、台風だから気をつけて運転して帰れって言われたんじゃった。

 わたしも、誰かに心配してもらってました。
[PR]