タイランドと猫とわたし

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

落ち着くところ

 どたばたで迎えた今回のUSツアーです。しかし、その後、そもそもの目的であるワークショップも無事修了し、晴れて、心から「旅行者」になることができました。ぱちぱち。

 その会場の大学からバスで6時間のところにある街に住む元同僚に会い(あとでupしよ<--と言ってupしないことが最近多い・・・)、その後、さて、どーしよっかなーーーー、と気ままな一人旅バックパッカーは思いを巡らしたのでした。

 そして、今、こんなところに落ち着いています。さて、どこでしょ。

f0085850_1311651.jpg


 ヒント。さっそく、旅行者気分満々で、こんなものを食べました。

f0085850_13121198.jpg


(食べ物もそうですが、そのバックの人々に注目です)

 ここは、ほんっとうに落ち着くところで、「3日ぐらいかなー」と思っていたのに、どうやら1週間以上はいそうです。さて、どこでしょ?

 ここで、かの川を眺めながら、あーそうそう、思い出したよ。自分の旅行のスタイルって、こうだったっけ。きままに足を伸ばしては、ひとつところに落ち着いて、裏道探索などをするんだったっけ。

 日本を離れて住むようになって、なんだか、「自分は旅行好きだった」、ということを忘れていました。そうだ。わたしは、バックパッカーだ。
[PR]
by mamemama_blog | 2008-06-30 13:21 |

Newark空港で途方に暮れる

f0085850_11305297.jpg


 朝の便がdelayと聞かされ、途方に暮れて、朝焼けを眺めていました。Newark空港、かなり知り尽くしたなー。コーヒー、何杯飲んだか分からんわ。
[PR]
by mamemama_blog | 2008-06-23 11:32 |

今だからこそ書けるこの旅のはじまり

 ペンシルベニアに着いて、3日目。いまだに、「ペンシルベニア」のスペルがすぐに書けません。。。難しいんよね、英語のスペルって。(答え:Pensilvania)

= = =
 「えー、意外」と言われるのですが、今回の旅で、わたしのアメリカ本土、もとより、南米アメリカ大陸、の上陸は、人生初です。旅は、比較的よくしているほうだと思うし、恐怖心より好奇心のほうが先に立つ性格なので、「ま、大丈夫じゃろ」と思っていたし、周りの人も、そう言ってました。

 しかーし。なんだかいやーな感じは、していた。なーんか、起こりそうな気は、していた。

 そして、今でこそ、こうやって、言える。本当に、なにか起こったんですよ。(注意:長いです)

= = =
 バンコクから香港経由の成田便。飛行機は無事に着き、旧友h-子のお宅に1泊お邪魔。次の日の昼すぎの便で、Newark経由、Washington DC行きに乗る予定。朝起きて、メールチェックをしたならば。

「インターネットで予約されたホテルはキャンセルになりました」という連絡が!

 むー、E○pediaめっ!と思いながらあたふた連絡をとるも、国際電話はうまくつながらず、タイムアップとなり、もやもやのまま成田へ。

 成田で無事、コンチネンタル航空に乗り込み、14時間のフライト。どこでも寝られる体なので、問題なく14時間をクリア。

 Newark空港(New Yorkのちょっと離れたところにあるん)に到着。ここから、Washington DCへの国内線に乗り換え。乗り換えまで4時間以上もあるんよね。さて、今晩のDCのホテルの予約をE○pediaに電話しないと。で、電話すると、「○○ホテルなんてどうでしょ?」と言われる。

それ、払ってる値段よりかなりランク下じゃんか!

 腹を立てつつも、もう今日のことなのでどーすることもできず、「じゃ、お願いします」と言ってしまう。うぅぅぅ。

 そんなとき、アナウンスが。

「○○便 ゲートCからゲートAに変更になりました」

 空港内の移動バスを使って、よろよろ移動。めんどくさーい。けっこう遠い。でも、ま、時間はたくさんあるし、いいか。。。。そして、待つ。待つ。待つ。。。。あ、アナウンス。

「○○便 午後7時出発から午後10時出発のdelayです」

 バンコクからはるばる来たわたしに、あと3時間プラスして待てと言うのか!っていうか深夜到着になるけど、安全なんじゃろか?ホテル行けるんじゃろか???ともやもやしつつ、でもどーすることもできず、待つ。待つ。待つ。。。午後10時になっても、アナウンス、なし。。。眠りかけていた耳にアナウンス。

「ワシントン行き○○便 キャンセルになりました」

 がーん。がーん。がーん。

 大きなアメリカ人にもまれつつ、サービスカウンターの列に並ぶ。周りの人と、文句言いたい放題。あー、言葉が通じるって素晴らしいね。あー、腹立ったときに大声で怒鳴り合えるって素晴らしいね。とか、疲れきった頭で考えていると順番が来たので、「で、どーしたらいいんでしょ?」とカウンターのおばちゃんに聞く。

 「宿泊チケットと、朝ご飯、晩ご飯のチケットあげるからね。明日の朝1の便に乗りなさい」

 E○pediaに、即電話。あの手この手で交渉成立。ホテル代は払い戻ししてもらえることに。あー、改めて、言葉が通じるって素晴らしい!

 ということは、航空会社からタダでホテル1泊もらえた、ということになるわけで、それって、ラッキー???とか思いながら、同じ今境遇の人数名とホテル行きシャトルバスを待つ。。。やっとバス到着。乗り込む。。。小1時間ドライブ。遠い???そして車内のアナウンス。

「○○ホテルは、航空会社のダブルブッキングのため宿泊できません。ってことで、△△ホテルに向かいますー」さらなるドライブ。。。

 ぐったり、ホテルに着いたのはもう深夜2時すぎ。「次の日の朝1便をつかまえるには、何時のシャトルに乗ったらいいですか?」とカウンターで聞くと、「4時かな」との返事。6時でもいいはずなんだけど、ホテルのシャトルは、朝はその時間しかないとな。。。

 !!!急いで、与えられた部屋でシャワー!!!手荷物のデイバッグしかなかったから、着替えはなし!!!でも、ベッドで横になる!!!1時間爆睡!!!4時に無事シャトル出発!!!

 もちろん、ぐったり、どろどろ。7時まで、あと2時間。もらったクーポンで朝ご飯を買って、でも、アメリカのファストフードは、疲れた体には優しくもなく。待つ。待つ。待つ。

「ワシントン便 7時から10時半のdelayです」

= = =
 長くなったから、今日はここまで。今日は、ワークショップの中日でお休み。明日からまた丸1日の授業。キャンパスの近くに、たっくさんの種類の世界のビールを出す店があります。そこに行ってこようっと。充電。充電。
[PR]
by mamemama_blog | 2008-06-23 06:10 |

Summer 2008 充電

 この仕事をしていてありがたいのは、毎年定期的に長い休暇があるということ。「休暇」といっても、それは、ただのんべんだらりとぐーたらしているわけではなく、わたしたち教師は、「充電」します。そのための「休暇」。

 わたしの昨年の「充電」は、学会発表でした。そして、今年の「充電」はワークショップです。

 会場は、Penn state university, ペンシルベニア州立大学です。

 以下、予定。

6/17 Bangkokを発つ-->成田到着
6/18 成田-->Washington DC 夜到着 空港近くのホテルにチェックイン
6/19 午後会場のCollege Parkまでバスで移動 会場の寮に宿泊
6/20 ワークショップ開始
6/24 ワークショップ終了-->Philadelphia 昨年の同僚の紹介の素敵なB&Bに宿泊
6/24,25,26 Philadelphia観光(ここでそこに帰省中の現同僚にも会いたい)

(このあたりから、空白期間です。まだ、決めてない。あっちに飛んで、ワークショップで誰かに出会って、色々聞いて決めようかと。。。臨機応変、というと聞こえがよすぎ?)

6/28 or 29 New Orleansへ 知り合いの親友という関係の人のお宅にお世話に(!)
7/3 or 4 New York Cityへ 昨年の同僚と再会予定!
7/7 NYCから成田へ-->羽田へ-->広島へ

 あー、こうやって書いただけで、色々あるなー。

 素晴らしい「充電」になりますように。祈るだけじゃなくて、がんばるんじゃけどね。

 東京周辺、および、広島のみなさま、会いましょうね。
[PR]
by mamemama_blog | 2008-06-16 03:54 |

1年がおわった

 本日、今年度の仕事、終了。子どもは、実は昨日で学校を去り、今日は先生たちのチェックアウトの日。部屋を片付け、借りた物を学校に返し、来年のためのリクエストを学校に残し。

 今年度で国に帰る先生とのパーティーも、終了。
 
 ここのところ、パーティー続きで、すごかったです。欧米人は、レベルが違う。わたしも、ちょっとがんばりながら、できるだけ参加してきました。だって、別れるのは、かなしい。それなら、楽しいことを一緒にしないと。

 去る人がいて、別れないといけないのは悲しいけど、でも、その人と出会えて、知り合えて、これからも付き合えるということは、素晴らしい。

 人は宝だな、としみじみ思います。

 ちょっとバンコクでいろいろ用事をして、アメリカに飛びます。

 日本に帰るのは、7月の上旬。

 おわった。おしまい。
[PR]
by mamemama_blog | 2008-06-07 00:45 | お仕事@Thailand