タイランドと猫とわたし

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おまめ敗れる

 おまめー、隠れとるーーー?

f0085850_1511712.jpg


 まめらしきもの、発見。

 基本的にインドアキャットなおまめですが、ときどき外にも出ていいことになっています。外といっても、そんなに大きいことができる性格でないため、道路の向こう側、とか、お隣、とか、そういった程度です。ちょっと、うろうろー、として、やっぱり一番居心地の良い我が家に戻り、外のポーチでくつろぐのが定番です。基本的に、のんびり、平和。

 しかし、2日前、外に出たときに、とんでもないけんかをしてきました。やれやれ。けんかに向いてない性格のおまめ。技をしらないおまめ。ストリートキャットに惨敗した模様です。ひどい叫び声ののち、よろよろしながら、帰ってきました。左横っ腹にパンチを数撃喰らったらしく、毛が乱れて、少々抜けておりました。オーマイゴッド。

 しばらく、ぐったり、すっかり気を落としている様子のおまめ。カリカリも、口にしません。

f0085850_1561331.jpg


 念のため、いつもの村動物病院に行きました。

 診断:左横腹 打撲

 がんばれ、おまめ!
[PR]
by mamemama_blog | 2008-10-12 01:58 |

wherever you go

I go with you.
f0085850_20291970.jpg

                                                        (by おまめ)

 そんなこと言われても、かわいくて困ってしまいます。

= = = = =
 今、学年末、明日が成績とコメント(「よいこのあゆみ」の先生のことばのところ)の締め切り。来週は学校のCultural Show。月曜日にリハーサル、水曜日に本番。子どもと、日々、ソーラン節を踊り、そして、やはり子どものラップとピアノを合わせ(これが大変にかわいい)、衣装を父兄から調達し、つまり、怒濤の日々です。

 それが終われば、Mid-Term Break!1週間あります。カナダはモントリオールから、なんともはるばる友達がやってきます。一緒にラオスに行くことになっています。

 おまめ。そのかばん、きみにちょうどいいね。でも、わたしは、バックパックで行くって考えたことなかった?そこに入っている限り、きみはやはり、留守番です。

f0085850_20345948.jpg

(((((ぼくもっ!)))))

 ひさびさの写真投稿は、おまめくんで飾ってみました。いかが?
[PR]
by mamemama_blog | 2008-10-09 20:36 |

Multiple Intelligence

 このところ、教育現場で話題のMultiple Intelligence。先日のワークショップ(まだペーパー書いてない!もう手遅れ?)で、自己診断シートが配られました。

 mamemamaのもうひとつのblogのほうで、それをタイプしましたので、興味のあるかたは、覗いてみてください。

 ひとまず英語です。あしからず!

 感想を聞かせてくださいね。
[PR]

Penn State Summer Institute in Applied Linguistics 2009

 わがMiddle School、全校一斉のAdvisement Trip(林間学校みたいなやつ)から、今日もどってきました。生徒も先生もみんな、心に、かばんに、いろんなものを抱えて、帰ってきました。わたしはというと、6年生と一緒に、校舎に寝泊まりしましたよ。

 そのことは、いずれ書くことにして・・・。

 日々の仕事、業務に追われて、ばたばたのこのごろ。ときに、ふと、現実逃避をしてしまいます。「○月はどこに行こうか」とか、「○に行くのっていくらかかるんじゃろ」とか、「○って直行便あるんかな」とか。ええ、旅行関係です。

 そんななか、心にびびびっと響くものがありました。Penn State 2009 Summer Institute in Applied Linguisticsです。2008の夏も行ったPenn State。今年は、現職言語教師のためのワークショップにのみ参加しましたが、来年は、数週間、きちんとコースをとって、ペーパーも書いて、単位もとって、という、もう少し研究寄りのことがしたいです。実際のティーチングとは少し遠いので、学校からの援助は期待できそうにありません(聞いてみるだけ聞いてみるけど)。でも、このhomepageを読んでいるだけで、あー、また、しっかり勉強したいな、と思うのです。

 ハワイイ大学でお世話になった先生も、どうやら来るみたい。その他、テーマも、興味があるものがいくつか。特に、自分の研究分野のものも。

 さっきまで、6年生に、「7時には戻ってきなさいよー」と言い聞かせたり、「みんないるー?」と頭数を数えたり、帰りのバンの中でふざけあったり、まったくもって、「ティーチング」をしていたのに、そのすぐあとに、もう、こういうことに反応してしまいます。

 そんな自分も、いいのかな、と少し思います。変な人だ、ということは、前々から知っていますから。

 だれか、一緒にPenn Stateに行く人ー!?
[PR]