タイランドと猫とわたし

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Bangkok Marathon

 バンコクの街を、走りました。

去る、11月22日、とあるタイの銀行が主催の、国際的なマラソン大会が、バンコク市内で行われました。

 バンコクはもちろん、タイランド全土で、マラソンはたくさん行われています。かねてから、走りたいね、と言っていたわたしたち。ついに申し込んでしまいました。

 同僚のMcとPalとBnは、なんとフルマラソンに申し込んでいて。彼らは、ずいぶん前からトレーニングを積み、学校でも、スポンサーを募り(走りきった暁にはお金を出してもらって、それを寄付にするというもの)、みんなに「走るぞ、走るぞ」と言い、ずいぶんな盛り上がりを見せていました。

 そこで、「実はわたしもね、」なんて、とても大きな声では言えないmamemama。だって、申し込んだのは、quarter、10.550kmなんじゃもん。。。しかし、隠すというのは、そんなに容易いものではなく、Mcにばれてしまい。「トレーニング、もちろん、してるよね、mame!がんばろうね!」と爽やかな笑顔で言ってもらったのでした。

 そして、わたしたちがトレーニングをしたかって?予想外に、、、、、しませんでした(予想内?)。しよう、しようって思っとったんよーーーーおーーー。

 そんなもんだから、本番、わたしは、大変なことをしでかしてしまったのでした。(つづく)

f0085850_163528.jpg

[PR]
by mamemama_blog | 2009-11-28 16:36 | 楽しむ@Thailand

そんな三線だってあるのだ

 イギリス人は、大変によく飲む。本当におおごとで、ことに、ビールが半端でない。

 ということが、たしかに学年の始めから分かってはいたけれども、毎週末、何かしらパーティーがあるたびに、彼らの勢いには、いつも新鮮に、心から驚愕してしまうのです。

= = = = =
 スコティッシュの同僚、KsがHouse warming partyを開いてくれました。わいわい。彼らの家は、お気に入りのスポット、Rain Dogsのすぐ近く。

 実は、当日Rain Dogsで気になるイベントをやっていて、当の本人Ksに「○○というのがあってねー、行きたいんだよね、あとで☆」って、言っていたら、あとで別の同僚に、ちょいちょいされて、"It is rude, mame."と注意を受けました。イギリス人は、"rude"かどうかを、よく話している気がする。がしがし我が道をゆくアメリカ人が、なんだか懐かしいぞ。

 といいつつも、みんないい加減に酔ってしまうと、rudeも何もなくなってしまうわけで、背の高いイングリッシュとかスコティッシュとかアイリッシュとかと連れ立って、結局Rain Dogsに出かけたのでした。わいわい。1amぐらいに。彼らは、とんでもなくでかいので、顔の位置はわたしのそれのはるか上にあり、それでなくてもうるさいバンドの演奏のなか、会話は読唇術になる。そもそもが、なんだかよく分からないアクセントなのに、ますます分からなくなる。今のところ、イギリスとフランスの間の島からきた「島んちゅ」Dveの発音が、わたしは一番分かりやすいです。アイランダー、です。

= = = = =
 Rain Dogsに話をもどすと、ここは、毎週日曜日の夜、一週間で最も客の入りが少ない日に、アマチュアバンドのステージを貸しています。前ね、ここに、三線を担いだ女の子3名が登場したのです。北欧人のおっさんたち(オーナーがノルウェー人だから)に囲まれ、三線娘たちは、小品ながらも、懸命に、そして無垢に音を出したのでした。ぱちぱち。

 次は、Jitterin' Jinn路線で、三線娘は行こうかと思っています。「にちようび」「プレゼント」など。三線で、十分弾ける。ただいま、工工四作成中。ボンボンとか作って、きゃっきゃ踊りたい。

 ラリルレーイ ラリルレーイ ラリルレーイリー♪♪♪
[PR]
by mamemama_blog | 2009-11-17 01:46 | 楽しむ@Thailand

おまめクローンできました

 おまめから、おまめのクローンを熟成させてつくりました。

作り方(というか、出来上がるまで、何をしたか)

1) 寝る前に大豆を水に浸す
2) 1日中ほったらかし
3) やはり寝る前、思い出して火にかける
4) しかし、くたびれて、飽きて、寝ることにし、消火
5) 朝起きてまた気が向いたから火にかける
6) ほかほかしたあたりで学校に行かないといけなくなったので、ブツを投入し、消火
7) タオルで鍋をくるんで、保温のつもり
8) 1日中室温(といってもバンコクの、ね)で放置
9) またまた夜寝る前、思い出して火にかける
10) もういい加減いいような気がして、消火
11) タオルにほかほかにくるんで、寝る
12) 朝起きて混ぜてみると、あら不思議!こんなに糸を引いている!

 ということで、おまめのクローンが完成したのです。

 おまめ、ブツ、というのは、納豆のことです。

 今日は、その納豆を、オクラをたたいたのとわかめを戻したのと混ぜて、うどんにぶっかけました。

 納豆クローン、上記のような気まぐれなやり方でできてしまいました。みなさまも、どうぞ。
[PR]
by mamemama_blog | 2009-11-10 23:45 | 食べ物@Thailand

渋さで勝負 おまめ6歳 and Loy Krathong

 おまめが6歳の誕生日を迎えました。ぱんぱかぱーん。

 おめでとう、おまめたん!

f0085850_22391563.jpg


 子猫の時分から、大人びた、というか、子どもらしくない顔をしていると言われていた彼。歳を重ね、ますます渋くなっています。よっ、男前。

 年に1回、ご飯のうつわに夢のように、どこからともなく降ってくるやわらかフードに、ぞんぶんに舌鼓を打ったおまめ殿。ごろごろが、しばらく止まりませんでした。ごろごろごろごろごろごろごろごろごろごろごろごろごろ。

 次の日の今日になって、「あれはもうないんかー!」「あれはどうしたんじゃー!」となることもなく、いつものカリカリフードに、「おいしい!」と感激の涙をうかべるおまめくんは、やっぱり、よい猫さん。

 おまめ、さてどんな1年を送るかね。

= = =
 おりしもタイランドは、Loy Krathongという、年に1度の、大きなイベントの日だったのです(詳しくはこちらを)。

 学校では、1日中Loy Krathongイベントが。生徒も、わたしたち教師も、タイの衣装を身にまとって登校したのでしたが。。。わたし、とんだ失敗を。前日にあわてて近所のマーケットに買いに出かけたのですが、市場のおばちゃんに「安いよー」「あんた似合うよー」と言われ、何も疑うことなく買ったのが、路上のクイッティアオおばちゃん(ソムタムおばちゃんでも、可)みたいなだらだらタイ服だったのです。

 他の先生たちは、肩を出した、それはそれはきれいな衣装を身につけていて。白人の先生、金色が似合うんだなー。ほれぼれ。その中で、だぼだぼタンクトップ(ただしおつりを入れるジッパー付きポケットも備えている!)に、下は巻き巻きゆったりコットン100%スカートのわたし。同僚たちには、「グラニー(Granny、「おばーちゃん」みたいな意味)おやつちょーだい」と、一日中からかわれる始末!まぁ!
 
 来年は、きちんとセクシーなのを着ようと思います。

Krathong photos
[PR]
by mamemama_blog | 2009-11-03 23:03 |