タイランドと猫とわたし

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

慣れるとねー

 「別にデートをしようと言ってるんじゃない。ただその辺散歩して、一緒にご飯食べて、家でだらだらしようって言ってるだけなのにさ」

と言った彼女は、最近できた彼氏に惚れ込んでいて、でも彼氏のほうは忙しくて、いつも「待つ側」になる彼女はだんだん何かが溜まってきて、「毎週月曜日に今週の予定をシェアするというroutineにすればいいんだと思うんだ」と言った。そうすれば、いつ連絡が来るだろうかと待ったり、もしかしたら連絡があるかもしれないからと空けておいた、けど連絡がなくてがっかりアンド自己嫌悪、ということが起こらなくなる、とな。

 「えー、うちじゃったら、それ言われたらびっくりすると思う」

と言って、彼女をしょげさせてしまいました。あー、いけん、いけん。ちょい、今のなし。

 「歩み寄るためには、お互いのニーズをシェアしないとねーぇ」なんて当たり障りのないことを言っても、さて時は遅かったのか。

 一方。

 いつも、休みをどう過ごすとか、そういう何かを決めて、で、予約とったり予定をたてたりするの、そういうのが苦手な人がいて。だから、周りに「よーし、行くぞ、誰か行かんかね」という大声がたつと、しゅしゅしゅっとついて行くわけで。そうすると、「あちゃー、一緒に行くことになっちまったぜい」というメンバーが時に混ざっていることもあり、しかし、当人は、自分でどうこうするということが、そもそも頭にないから、ま、いいか、となる。往々にして「あちゃー」と思われたほうも、「あちゃー」と思っているもので、そちらは、「お前、自分でなんとかしろ」とは言えない。その人が旅や自由時間をなんとかすることが苦手なのを知っているから。

で、それらが何なのか、一体何なんだ、というと。

 人ってそうそうは変われないのかしらんねー、ということ。

 自分はこうだ、と思っていること(例「恋人とは極力時間を作って会おうとするものである」)は、すっかり自分のペースになっていて、そうしたいんだよねー。そして、自分がしなれないこと(例「自分が何をするか事前に知り、恋人に伝える(そしてそれがそう進むようにがんばる(ことが期待されている(からがんばる)))」)だと、「言うだけなんだから、いいじゃん」と言われても、そうは簡単ではないのだな。

 わたしは、今のところ恋人と呼ぶ人はいなくて、よって、がしがし自分で予定をたてて満喫して、何にも決めないで行き当たりばったりな幸福に胸を踊らせたりしているけれども、それが崩されると、やっぱりどっかこそばいくなるんじゃろうなー。スケジュールをたてて、それを消化していくパターンは仕事で十分なので、自分の私生活ではあんまりしたくない。と思うけど、それって、面倒な人のパターンなんだろうか。

 とかとか、思った。

 と、その彼女に言ったら、それって男のパターンだ、と言われた。

 がーん。そんなオチって。。。
[PR]

時に訪れるとても良い日曜日

 振り返ると、時にやってくる、とても良い日曜日だった、今日は。

 土曜日は熱を出して、一日中ベッドがお友達だった。ので、日曜日の朝おまめに起こされて、爽やかだったとき、今日は有意義にしよう!というか、有意義になるぞ!という気分がした。

 洗濯物をたたんで、近所のBigCへ水を買いに行くついでにStarbacksへ行って、マフィンの朝ご飯。店員が、カフェラテのマグを渡しながら、'Have a good day, kha!"と笑顔で言う。いいではないか。

 水を抱えて家に戻ると、頼んでいたピアノの調律師がタイミングよく到着。大家のおばちゃんと、ふんふんとしばらく彼の作業を眺める。のどか。おばちゃんが、ケーキを焼いたからあんた食べなさい、と二切れくれる。ジンジャーがきっぱり効いているよいお味。調律師はなんと2時間半を費やして作業を終える。このピアノは7年間調律されずにショールームに座っていたみたいです、とな。そんな子がうちに来て、新しく息吹を与えられた、ということが、なんとなく、心にほわほわした。

 街に出かけて、ごろちゃんとジャズコンサートのチケットを購入。きゃん。そのままそのデパートで、ヨガウェアの上下の然るべきものを購入。これでますます、これからはりきるぞ。逆立ちできるようになるもん。

 三線のお稽古に行って、なかなか建設的な時間を過ごす。ウクレレはもっとがんばろう。その後のご飯は、そういえばジンジャーケーキ後初の食事だったので、おいしいを超えて、体に染みた。もぐもぐ。

 近所の友だちのコンドに行って、プールサイドでおしゃべり。雷が鳴り始めて、外に持ち出した飲み物もなくなって、部屋に移動。雷はどんどんひどくなって、ぴかぴかごろごろと盛大。そうそう。そうこなくっちゃ。読んだ本とか、最近の旅行とか、高校生の頃の髪型とか、下らんことの間に、自分のルーツとか、将来の展望とか、そういうことも盛り込んで、ジントニックとともに雷をバックにあーだこーだ。

 家に帰って、玄関前の道が恐ろしいレベルで洪水になっていて、膝までまくりあげたズボンすら濡れてしまっても、部屋に戻ると、たたんだはずの洗濯物を蹴散らしておまめが長々となっていても、そういうのは、よかった。

 こういう日があると、なんだか、いい。

f0085850_13164.jpg

おまめは、黒い。
[PR]

すちゃっ

 とおまめが着地したのは、

f0085850_15183227.jpg


 あー、そんなところに。

 新しい家に移って、1ヶ月と少しですが、その間、ひどい風邪を2回ひき(そのうちひとつは新型インフルエンザ)、だらだらしているうちに、「House warming party をしようよー!」という周りの声も、だんだん小さくなっていき、そして、落ち着きました。あちゃ。

 パーティーをするには、しかるべき台所が必要なのだ。冷蔵庫はすぐに買ったけど、オーブンはまだ。ちまたでよく見る電気の調理器は、どうも、やる気が起きない気がするので、きちんとしたオーブン(上にガスの調理台がついとるやつ)を買う予定。予定。

 だから、今、うちでは、まったく料理ができません。火がない。

 1ヶ月も、料理をしなくてもやっていけるのか?という疑問を持つ方はいるでしょうか。mamemamaは、外食ばっかりで、そんなにリッチなのか?と。

 答えは、やっていけます(びしっ)!

 タイランドのストリートフードの、なんとハンディーなこと。このところ、近所のイサーン(タイの東北部)料理の屋台が楽しくて。ラープ(ハーブとスパイスをたくさんつかったサラダのような和え物みたいなやつ)が、おいしくて。それとソムタム、カオニャオ(餅米)、で、ハッピーになれるのです。

 バンコクに暮らして4年。これまで、しかるべきキッチンがついている家に住んでいたので、自炊が基本でした。油を使わない、さっぱりした食べ物がよくて、結局自分で作るのがいいと。あんまり、ストリートフードを開拓していなかった。住んでいるとそういうものかね。

 でも、そろそろ買うぞ、オーブン。そうめんを茹でたい。

 でも、屋台も楽しいぞ。ランチはクイッティアオナームにしよう。

おうち
[PR]
by mamemama_blog | 2010-09-18 15:44 | お引っ越し

遅すぎた、と思う

 思えば、先週末からずっと調子が悪かった。最初は質の悪い二日酔いだと思い、その次は、猫アレルギーだと思い、その次は、雨期だしな、と思っていた。

 始めて、そういえば熱測ってみよ、と思ったときが、木曜日だった、というだけのこと。

 39をヒット。バンドの練習をキャンセルして病院へ。検査。結果は翌日。

 翌日の今日、金曜日、熱が下がって元気に登校。自転車登校中、雨に濡れるも、元気に高校の文学のクラスではグレーゴルの心境について熱弁。チャイム。おやつ休憩。検査を受けた某病院から、"H1N1出たよ"のSMS。

 クリニックに報告後、校長に「出ちゃいましたー」と言うと、「君もか、mameちん!」と。うちの学校、ただいま大量発生中で、休み先生のカバーに大変なのだ(生徒は家で寝ていればいいから、いいのだ)。「で、しんどいの、mame?」と彼。発症している本人に聞くにはあまりにもとんちんかんな質問。でも、わたしは確かに、片手におやつ(大好きな学校のオレンジマフィン)を持って、大丈夫そうだった。「出ちった」とおやつ休憩のスタッフルームで同僚先生に告白するも、「どうやらFrdはmagic pillを処方してもらって1日で治ったらしい」とか「Jaは朝super injectionを打たれて今日は自宅でテンションが高いらしい」とか、現在自宅待機中の同僚についてのうわさ話が飛び交う。どんなんだ!?

 でも、そのオレンジマフィンは喉が痛くて味わえず、クリニックのナースにも早退命令を出され、結局、DVDの山を"Enjoy!"のメモとともに教室に残し、早退。ラピュタとナウシカに星マークをつけてみる。帰りしなに気が向いてもう一度クリニックに寄って体温を測ると、38.5。そうか、きっと、ずっと高温続きで、自分の体はもう分からなくなっているんだな。

 病院に行って、タミフルをもらって帰宅。わたしの在宅時間、というか在ベッド時間がこのところ長いので、おまめはるんるん。いえーーーい♪

 「病気です」と宣言されると、本当に「病気っぽくなる」というのは本当の話で。今更だけど、たしかに、しんどい。でも、暇じゃー。

それにしても
[PR]

平らが来ない

 がーーーん、と落ち込んだと思ったら、また楽しいことが来て、むむーーーと沈んだら、嬉しいことが舞い込んで。

 落ちたときは、あー、もう、日本に帰ろ!とまで思うけど、しかし、すぐに「バンコクにいるからこそ」の素敵なことが起こるのだなー。もうこうなったら、「どこ」に住んでるかでなくて、「どう」住んでいるか、なのか、とか思ったり。

 きっと、上がり下がりは、どこの土地にいても起こるのさ。

 しかし、そろそろ平らになってほしいのだ。
[PR]