タイランドと猫とわたし

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なんとなく ふと

 どうも体が思うようにいかない時間を過ごして、ふと。

 タイランドを去るべきなんかなー、と。

 かといって、何も具体的なビジョンもないし、なんたって、仕事も生活も満足中。おまめもらんらん。

 でも、ふと、思った。

 こういうのって、あるよね?

 いつか、本当に引っ越すことになったとき(もしくは当分引っ越さないことが決定したとき)、思い出すのかな。
[PR]
by mamemama_blog | 2011-01-31 23:58 | お引っ越し

ジャンパーを買いに行く、ぞ

 今年の寒さは尋常でない、とよく聞きます。わたしも、そう思う。あ、バンコクのことですよ、もちろん。

= = =
 東欧から戻って来て、最初の1日は「あっつい!」と本当に思いました。でも、もう次の日から「寒いよ〜」になっていた。今も、もっともっと寒くなっている感じ。わたしが東欧に向かった12月の中旬にももうすでに「寒い、寒い」とぼやいていた、それがこの1月中旬になってもそのままとは、なんと長いこと。

 基本的に、一年間着る服はたいして変わりません。衣替えもなし。でも、今年の感じだと、長袖もっと欲しいなー、と思う。そして、わたしは、フリースのようなものも、ほしい。タイランドで?ええ、そうですよ。

 「着る服は一緒じゃし」とすっかり頭にあるので、いつもどおりのタンクトップなんかでふらふら出歩いてしまう。寝るときも、薄着で。しかし、そうすると、見事に風邪をひいたのだな。東欧でひいた、プチ風邪が未だに治っていません。ごほん、ぐしゅん。布団、一枚じゃ寒いし、もう一枚ほしーなー。

 今週日曜日の夜行列車で、Year9(日本でいう中2)とResidential Tripに行きます。これは、学習旅行、林間学校の大掛かり版、みたいな感じに思ってください。まるまる一週間です。学年によって行き先は違うけど、Year9は、今年はChiang Dao。やっほーーーい。Chiang Maiから少し行ったところの、自然いっぱいぱい、の山間のスポットです。とっても楽しみ。サイクリング、カヤッキング、山歩き、などなど、盛りだくさん。

 「持って行くものリスト」みたいなものを、眺めていて、気がついた。結構買わないといけないものがある。

 とくに、ジャンパー。。。

 タイランド北部の山間は、この時期かなり冷えるはず。靴下も、いるな。
= = =
 たのしみ!風邪、がんばってなおそ。
[PR]
by mamemama_blog | 2011-01-20 22:50 | 風景@Thailand

うさぎ年のはじめに思うこと

 今年の年明けは、ポーランドはKrakow(クラクフ、と読む)で迎えました。雪が吹きすさぶ極寒でしたが、ホットワインで命をつなぎつつ、花火もジモピーと楽しみました。大晦日前日には、アウシュビッツに行く、という何ともディープな年の瀬だったのですが、こんなのも、ありでしょう。旅については、写真とともに、いつか書きます。

= = =
  旅から帰って来て、こっちの友だちに会って、やーやーやーと再会を喜んで(といっても会っていなかったのは3週間ぐらい)、そのホットワインを再現したものを味わったり、写真を見せたりして、そして、なんとなく、ずいぶん語ったのです。

 「今年はどんなふうになろうか」というのがわたしたちのトピック。こういうのを真剣に、でも緩やかに、そして真摯に、温かく話し合える人、そして機会というのは、そうそう出会うことができません。ずいぶん話した。そして、時差ボケは治らず。。。

= = =
(以下、自分自身のために、書き留めておきます。長い。読みたいかたは、どうぞ。)

何を話したか
[PR]

旅の終盤に思うこと その壱-旅の荷物

 いろんな国に行っているし、いくつかの国に住んでいるし、さぞかし旅慣れていらしゃるんでしょうねー。

 ということを、よく言われます。言葉が通じないところでもなんとかコミュニケーションを結ぶ、現地のマナーに適応しやすい、おなかが丈夫、少々汚くても大丈夫、などなど。そういう点では、たしかに「慣れている」のかもしれない。

 しかし、ここ最近、旅をするたびに思うこと。最近、荷造りに手を抜きすぎではないか?もうちょっと頭と時間を使ったら、3分の2、どころか、半分ぐらいになるんじゃないか?ということ。明日、帰国の飛行機に乗るのですが、こういうときに、思うのです。あー、荷物ちっちゃかったら楽なのになー、と。

 そう、今思って、気がつけばこのところいっつも反省しよるじゃんか!と気がつき、そして宿には日本語がタイプできるコンピュータがあり。今のうちに書き留めておこうと思います。

 思えば、生涯最初のバックパック旅行は、「デイバッグ」とも呼べそうなものにすべてを詰め込んで、てってけてーと出かけました。着替えも3着ぐらいだったっけ?洗面用具も厳選された最小のものを、詰め替えたりなんかもして。タオルは、布切れで代用。空港では、チェックインしようとしても、「そのくらい持ち込め」といわれる始末。すばらしいではないか、18歳のわたし!

 それが、今ではどうでしょう。基本の洗面用具はかろうじて旅行用サイズだとしても、ヘアオイル、香水、スキンケアグッズ、はてはキャンドルなど、オプショングッズの多いこと。これらと並んでわたしが必ず、どんなところに行くときも持っていくのは、アクセサリーたち。小さい小さい、と思っても、ここに書いた子たちは、重いのです。相部屋ドミトリーなんかだと、大して気にしないので、せっかく持ってきた化粧品たちに触りもしない日も少なくなく。あぁ。あぁ。

 着替え。わたしは、ほとんど毎日まめに手で洗濯をするタイプのようです。今晩なら乾くかな、この部屋ならどのくらい干せるかな、など、部屋に足を踏み入れるや思うことも洗濯のこと。だから、着替えは3着もあれば十分なのだ。ほーよ、ほーよ。

 旅行用万能時計、とか、旅行用スリッパ、とか、旅行用携帯物干し器、とか、旅の万能グッズはこの世に数限りなくありますね。わたしが持っているものと言えば、うーん、アーミーナイフぐらい?最近までしばらく、部屋の目覚まし時計をそのままかばんに放り込んでいました。この間壊れてから、部屋の時計もなくなった。。。

 かばんのこと。今使っているバックパックは、伸縮自在で、荷物が増えてもにょきっと上を伸ばして横のポケットを出して、のようなことをすれば、容量が増えます。便利なんじゃけど、きっと、このせいじゃね。荷物多くても、これから増えても、ま、入るし。という思考がいけないのだな。うん。

f0085850_630444.jpg

でもね、いいバッグなんよ。Slim Lineという、小さな女性のための肩幅小さいバージョンもあったりして。

 あぁ、そして、今回の旅でしみじみ思ったこと。iPhoneがあったら、何役分こなせるだろうか。ガイドブックも地図もいらない。目覚ましもメモも。宿の予約もぱっぱと検索してすぐにメールが送れる。わたしは、「まだまだいらないと思っている派」なんじゃけど、「ガイドブックも地図もいらない」というこの利点に、今回の旅行で大変惹かれました。ぐー。

 旅の最終日にこんな反省文を書いたりして、あら、やだ。今Prahaです。3週間弱の旅は、久しぶりのヨーロッパで、久しぶり(初めて?)の極寒で、なんだか、いろんなことに気がつき、学びました。

 荷物のこと。以上。
[PR]
by mamemama_blog | 2011-01-04 06:37 |