人気ブログランキング |

タイランドと猫とわたし

臨時休校

 2日の未明に、バンコクで非常事態宣言が発令されました。

 「ねえ、バンコク、どうなるの?」

 と心配するわれわれ外国人スタッフもいれば、

 「まただよー。」

 と、のんきに構えるタイ人スタッフもいます。

 彼らの話では、もうずっと、子どものころからこういう状態は続いていて、確かに犠牲者も出るし、政情は大変不安定なんだけど、でも、ひどくなることはないよー、と。マイペンライ精神は、こんなところにも顔を出します。現状そのものは、国際的ものさしで、もしくは眼鏡でみたら、相当大変なことなんでしょう。でも、それがこうも呑気な、穏やかな空気が漂っているのは、ここがタイで、タイ人たちがこんなんだから、というのが大きいんだろうな、とわたしは解釈しています。

 学校は通常通り始まり、しかし、午前9時あたりに、校内でレターが廻りました。子どもたちを集めるように。校長が話します、と。

 結局、学校そのものは通常通り2時35分まであり、そして、明日から2日間の臨時休校とあいなりました。



 うちの学校は、バンコクの郊外で、厳密に言うと、非常事態宣言の対象区域にはありません。じゃ、なんで休校なんだよ?という話。

 噂では、バンコク中心部の学校は、今日2日は早々に学校を閉め、生徒たちを帰し、そして、1日様子を見て明日の3日からまた再開する、ということになっているそうです(全部じゃないけど)。

 2日は通常授業を行った、うちの学校。なんだか、いつも「遅い」のですよ。公立じゃない、というのもあるんだろうけど、それにしても、遅いのです。で、「3日は様子をみないと」と言ったグループと、「1日でいいでしょ」と言ったグループがあり、結局間をとって、「2日ぐらい様子を見よう」と決断したころには、もう、市内の現状は動いていて・・・という具合。

 ここはひとつ、「うちの学校にいてラッキーだった」と考えようではないか。

 子どもたちに、休校の連絡をすると、予想通り、"YEAHHHHHH!"の奇声。そうだよ、うちらも、心の中では"YES!"だったよ。だって、いたって平和だし、そこに2日もお休みがあるんじゃもん。

 不謹慎なのは、わかっています。でも・・・休校って、やっぱりうれしいよね。

 でも、どうか、バンコクはもちろんタイ全土が平和に戻ってくれることを、心から祈っています。サマック首相、福田さんに続くか?
by mamemama_blog | 2008-09-03 00:30 | お仕事@Thailand
<< Professional De... Perfect Friday ... >>