タイランドと猫とわたし

2009年 06月 03日 ( 1 )

塩か砂糖か 砂糖か塩か

 「甘党」というのを、英語で、"sweet teeth"と言います。この間、"sweet mouth"と言ったら、「かわいいけど、間違っている」と、オーストラリア人に訂正されました。ちなみに、"salty teeth"と言ってみたところ、「それは聞いたことがない」と、これまた否定。たしかにわたしも聞いたことないけど、でも、言わせてくれたって、いいじゃんっ。

= = = = =
 ここ2週間ほど、怒濤の日々です。毎日、4時には起きてます。それは、学校が終わったら、毎日燃え尽きていて、何もできないからです。そして、諦めて沼にはまっていくように眠りにつき、そして、4時に起きるのです。

 今日はクライマックスでした。学年末のコンサート。MS End of Year Concert! いつものことながら、子どもたちは、素晴らしい。びっくりさせられっぱなしです。1年間、ピアニストとしてサポートしてきたコーラスクラス。彼ら彼女らも、「成長したねっ」と胸にじーんとくるような、素晴らしいパフォーマンスをみせてくれました。みんなの背中を見ながら、ピアノの鍵盤をたたきながら、指揮をとるニコラスを眺めながら、いろんなことが、かけめぐって、しかたがありませんでした。

 コンサートが終わって、わたしは、日本語の先生に戻る。どの学年も、今日が最後のクラス。生徒たちに言葉を捧げ、唄を捧げました。「泣きなさい〜笑いなさい〜♪」の唄です。三線、持って行きました。みんなは、それぞれ違う花だから、それでいいから、まだ見つけられなくてもいいから、ぜったいあるから、それを大切に。それから、他の人の花も、どんな花でも、その美しさを見つけられる人になってください、と。

 どう?先生っぽいこと言った???えへん。こほん。しっとり話したところで、「mame先生、『花』の漢字の書き順を教えてください」などという、Jくんのナイスbut空気全然読めてない質問もあり、「どこどこ」をなぜだか繰り返して仕方のないBちゃんがいたり、心臓のあたりで両手で「ぱぁー」という感じの花をつくってみせてくれたりするKちゃんがいたり、ほんま、みんな、おもろかった。こうだから、子どもといるのって、やめられないんだろうな。

 ということで、わたしは、全力で駆け抜けました。今日という日を。そして、まだやることあるんじゃけど、もう限界で、3時の帰宅OK時間と同時に、Alohaとゲートをくぐりました。

= = = = =
 Alohaとうちでコーヒーを飲むのは、たまにわたしたちが、「ものすごく疲れた日」にする定番です。今日も、それをした。Alohaは、いつも、砂糖をたくさん入れて、ミルクもたくさん入れる。台所のケースをひとつつかんで、「はい」と渡して、ほいほいAlohaは3杯ぐらい入れて。

  ぶーーーーーー (by Aloha)

 塩と砂糖、間違えた。「わたしはゆで卵に砂糖をつけて食べてしまったことがある」と言ったら、「そのほうがはるかにまし」とAloha。砂糖卵と、塩コーヒー。どっちがましか、やってみてください。

= = = = =
"pepper & salt"ではなく、"salt & pepper"でなくてはいけない、英語は。今日のわたしたち、"sugar & salt"なのかな、"salt & sugar"なのかな。今度は、多国籍英語ネイティブからデータを集めたいと思います。

 どう思う?
[PR]
by mamemama_blog | 2009-06-03 23:38 | お仕事@Thailand